• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

授業に行くと、必ず反抗する生徒、学習に集中できない生徒がいるものです。

彼らの多くは、セルフエスティームが低いという感じを受けます

アメリカの言語学者クラッシェンも、

○ 自信を持ち、良い自己イメージを持っている者の方が効果的に学習する。

○ 不安の少ない者の方が、効果的に学習する。

と言っていますが、わたしも、まったく同感です。

教師の方も、生徒の方も、どきらもセルフエスティームが高まっていくと、それとともに学習も促進されます。

セルフエスティームとは、

ありのままの自分を受け入れられること

人と比べず、自分の苦手なことも、得意なことも、たいせつだと

自分のすべてを受け入れることです。

人の期待に合わせて生きるのではなく、

自分の本当の気持ちを生きることができるということです。

自分の存在をたいせつなものだと実感できることです。

セルフエスティームが高いと、自然に人を大切にすることもできます。

わたしたち教師の役割の、まず第一歩は、生徒のセルフエスティームを高めることです。

どんなときも希望を失わず、

どんなに絶望的な状態でも

プラスの変化をイメージすることです。

たいへんなエネルギーが必要ですね。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。