• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

授業のヒント(^_-)-☆

生徒たちが、がやがや、わいわい、教師の指示を聞いてくれないことも多いですね。

「15ページを開いて下さい。」

でも、教科書もなかなか開かず、おしゃべりや、他のことに夢中!!!

15ページを開くまでに、何分も時間がかかってしまいます。

こんなとき、「こらー!」と、大声で叱ると、一瞬ききめがありますが、

こどもたちは、ただびっくりしてるだけで

また、わいわい、がやがやに逆戻り

そんなとき、お勧めなのが、ゲームにしてしまうことです。

「さああ、ゲームだよ!! 誰が一番早いかな??」

と、ここで間を置いて、子どもたちの注意をひきつけ、どきどき感をもりあげて。。。。

「いくよ〜!!!

15ページを開いて〜!!!」

すると我先に開いてくれて、早い順にナンバーを振っていくだけで、こどもたちは大喜び

「○○ちゃん、ナンバーワン、 □□君、ナンバーツー。。。。。。」

そして、今まで10分かかっていた、授業の準備が、なんと5秒に!

ゲームのごほうびは、心配しなくて大丈夫です。

ご褒美は、少ない方がいいんです。

早い、ナンバーをもらえただけで、エキサイティング ゲームになります。

授業の片付けも、ゲーム化で、あっという間に終わります。

カルタをした後の、片付けも、教師が授業が終わってから黙々とやるよりも

ゲームにして、こどもたちにしてもらえば、

楽しめて、時間も短縮です。

しかるより、たのしいゲームフィケーションで、授業のしつけをしちゃいましょう(^_-)-☆



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。