• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    四角大輔さん松永瑠衣子さんトークライブ動画

     

    ドキュメンタリー映画「アトムとピース」は
    被爆地 長崎から、被災地 福島への旅
    わたしは、「アトムとピース」の主人公、松永瑠衣子さんとともに、
    初めて映像を通して福島を訪れました。
    被災から数年が経つというのに
    まるで無人映画のセットのようにだれも住んでいない街。
    背筋が寒くなるような光景でした。
    甲状腺がんが増えていることを必至で指摘するドクター。
    それを全く取り合わない国の姿勢。
    「国から安全だと言われているからと、
    放射能の話をできない雰囲気が作られてます」と嘆く人たち。
    自分で自分の身を守ろうと
    放射能が高いグランドでマスクをすると、同じ福島の人から非難されるということも。
    原発事故は、人と人のつながりさえも壊しています。
    長崎では、被爆者の切々とした訴えを、
    能面のような顔で聞いている、首相の姿。
    1945年の アメリカのオフィシャルムービーでは、
    アイゼンハワー大統領が国連で
    Atoms for Peace   核の平和利用 の演説。
    一方で
    ピーター・カズニック博士、
    プリンストン大学の フランク博士らは
    原発の危険性を指摘しています。
    スリーマイル島以来、アメリカでは原発産業が止まっていた。
    日本とのジョイントで、それを進めようとしている。
    現在、日本には、プルトニウムが47トンもある❗️
    6,000発の原爆❗️を作ることができる❗️
     わずか6Kgのプルトニウムで1発の爆弾が出来るのだ。
    四角大輔さんは語る *******
    この6,000発の原爆は、地球の北半球が吹っ飛んでしまう量だ。
    世の中の裏のことを語ると、アメリカの姿が出てくる
    原発は現在日本に、50数基あり、1位アメリカ、2位フランスについで、世界第3位❗️の多さだ。
    2016年には、世界のエネルギーは、75%が再生可能エネルギー🍀となっている。
    原発設備に投資しているの5%。しかもそのほとんどが日本だ。
    自分の住むニュージーランドでは、
    もちろん原発は作らず🍀
    戦闘機も、潜水艦も手放し軍事費を削って
    教育や福祉、再生可能エネルギーに向けている
    国会議員の60%が女性議員💕
    首相は、37才の女性で、
    当選してすぐに産休を取ったら、支持率がさらに上がった。
    自分は、NZで、低消費、持続可能な暮らしをしている
    それは平和だからこそできることでもある
    「経済成長」はいらない
    江戸時代のサステイナビリティに誇りを持とう。
    祈り、願い、「長崎を最後の被爆地に」
    四角大輔さん松永瑠衣子さんトークライブ動画四角大輔さん松永瑠衣子さんトークライブ
    四角大輔さん松永瑠衣子さんトークライブ 学生実行委員会
    当日は、学生の実行委員会のメンバーのみなさん、
    アシスタントありがとうございます💕


    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。