• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    【たのしい小学校英語指導】自分のリアルを話す😃

    小学校の先生方は、国の英語教育方針が新しくなり、本当に大変だと思います。

    今日は、英語の時間を先生も、児童、生徒もたのしくなるためのヒント🌟をひとつ、お伝えします。

    小学校英語指導

     

    😃自分のリアルについて話す😃

     

    小学生に限らず、英語を学習するときに、

    たいせつなことです❗️

     

    そうしないと、実際に使う場面で、英語が出てこなくなるからです💦

    英語はテキストで学ぶ、テキストの中の言葉になってしまっていることが多いのです📘

     

    中学校、高校で、英語が始まった世代にとって

    英語の勉強は、パターンプラクティスが多かったのではないでしょうか?

     

    だから、教える側になったとき、自分が教わった方法を使ってしまいますよね。

     

    パターンプラクティスというのは、

    I can ………の、………の部分を入れ替えて練習する方法です。

    I can speak English.     I can play baseball.   という風に。

    単語カードを次々に見せて、

    教科書の単語を次々に入れ替えて、

    機械的に言葉をマスターするこの方法は、もともと

    アメリカで敵の国の言葉を訓練する方法なんです。(アーミー・メソッド、ミシガン・メソッドとも呼ばれているます。)

     

    だから、会話の練習で、

    ” Can you speak Japanese ?”    ” Yes, I can.”   の練習をしても、

    現実の場面を考えると、日本人同士、クラスメート同士で、なんてばかなこと聞くの?と、なりますよね。

     

    私は、子どもたち、生徒、学生たちには、いつも

    「自分のリアルで話してね」と言っています。

     

    I like ………..        I don”t like ……………..

    では、特におもしくて、みんな盛り上がります。

     

    先日も、小学生の女の子が、

    ”I like brocolies the best in the world !!!! ”

    と夢見るような顔で発言して、あまりの可愛らしさにみんな爆笑でした。そんなにブロッコリが好きなんだあ😃

     

    京都大学のユング心理学者、河合隼雄さんも、

    「カウンセリングで、

    患者さんに、好きなことを話してもらって、

    カウンセラーは、ほー❗️ と感心して、聞いているだけで、

    その人が癒されて、治っていくということが起こるんです。

     

    それは、好きなことには、

    小手先(英語なら教科書だけとか)ではなく、

    その人の全身全霊が関わっているからです。」

    と、話されていました。

     

     

    小手先のテキストの中だけの英語ではなく、

    子どもたちの、毎日の暮らし、気持ち、に寄り添った英語を学ぶこと

    それが楽しい授業にもなり、

    本当の英語力の向上につながります🌟

     


    Candy Lab 公式メールマガジン登録はこちらからどうぞ

     

     

     

     

     

     

    I

     

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。