• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    【長崎新聞に掲載していただきました🍀】

    10月17日に、「希望を持てる社会に」という、私の思いを、掲載していただきました。

    長崎新聞 あの人この人 デンマーク講演会

     

    取材の申し込みをいただいたときは、デンマーク講演会の活動を、よく見つけてくださったなあと、とても嬉しかったです。

     

    内容は、

     

    福祉や教育が充実し、「世界一幸せな国」と言われる北欧のデンマークに魅力を感じ、県内外のセミナーで講師として同国のナイフスタイルなどを紹介する活動に取り組んでいる。

     

    元高校英語教諭。約20年前、大熊由紀子さんの著書「寝たきり老人のいる国いない国」を読んで北欧に今日日を持った。独学で、デンマークについて学び、詰め込み式ではなく創造力や独創性を生かす教育制度を知った。

     

    同国を理想に「夢を実現し、行動できる社会を身近なところから実現できれば」と自分なりに工夫して授業に臨んだ。

     

    自費でデンマークやフィンランドを視察し、北欧を手本とする思いを強くした。「日本との社会構造の違いを知ってもらい、誰もが希望を持てる社会について考える機会をつくりた。」

     

    長崎総合科学大学の非常勤講師を務める傍ら、自宅でも英会話を指導。学生や生徒からキャンディ先生と呼ばれ、親しまれている。

     

    と、立派な記事を掲載していただき、本当に感謝しています。

     

    その日は、長崎新聞社に「次のデンマーク講演会は、いつですか」など、多くのお問い合わせをいただき、みなさんの、「日本の社会はこれでいいのかな。」「世界一幸せな国に、少しでも学べるところはないだろうか。」という想いを感じ取ることが出来ました。

     

    日本の生きづらさを感じている人たちが多いことを知りました。

     

    これからも、「希望を持てる社会」を作ることが可能だと言うことを、このオンラインスクール、講演会を通じて、広めて行けたらと願います。

     

    今週は、大熊由紀子さんの著書

    「寝たきり老人のいる国いない国」の内容を、ブックレビューとして、ご紹介をさせていただきますので、どうぞお楽しみに😃💕🌟💕🌟

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。