• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

【🎦映画「1987」韓国の民主化運動を、今、体験する❗️】

久しぶりに感動する映画に出会いました。

娘のオススメで今日、見に行った「1987 ある闘いの真実」

韓国で、実話を元にして2018年9月8日(わたしの誕生日😃)に公開された映画です。

 

ほんの30年前に、韓国でこんなことがあったなんて!

韓国の人々が命がけで闘ったなんて!

映画で今、そのすさまじい真実を体験できました!

 

チョン・ドファン大統領軍事政権のもと、ソウル大学の学生運動家だった一人の若者が、警察の拷問によって死んでしまう、そしてそれを隠蔽しようとした大統領の側近。

韓国 映画 1987 ある闘いの真実

真実の隠蔽を拒む検察官を演じる、破天荒な ハ・ジュンウ

大学生の民主化運動のリーダー 知的なカン・ドンウォンを初め、

刑務所の看守たち、新聞社の記者たちにいたるまで、

すべてのキャラクターが魅力的で、

実在の人物を彷彿とさせてくれます。

 

徹底した時代考証により、

街並みの再現、ファッションは当時の布地まで考えて作られたそうです。

 

そして、それぞれの人々のいくつもの物語が交錯し、

すさまじい暴力を受ける弾圧の中、

ひとりひとりが、命がけの勇気で真実をあばく、

 

まさに、現代の私たちにメッセージを送っているようです。

 

光州事件を描いた 映画「タクシー運転手」が話題になりましたが、

その続編とも言えるかもしれません。

大学生たちが、秘密裏に集まり、光州事件の悲惨なビデオを見るシーンがあります。光州事件では、デモをしていた民間人、147人もが軍と警察により銃殺されています。

 

娘は、「少年が来る」という小説を読んで、この映画に関心を持ったそうです。

ラストシーンで、100万人の国民が集まったこの写真は、当時のものだと思います。

圧巻でした。

南アフリカの黒人解放運動の映画「遠い夜明け」を思い出しました。

映画館で涙がとまりませんでした。

1987 ある闘いの真実 韓国 映画

映画は、長崎のセントラルという映画館で上映されました。

大きな大衆向けの映画館ではなかなか上映してくれないような、良い映画をピックアップしてくれる小さな映画館です。

長崎セントラル劇場長崎セントラル劇場

みなさんも、ぜひぜひ、「1987 ある闘いの真実」をご覧になって下さい。

今の日本に必要な勇気をもらえます。

 

DVD発売は、今年の12月くらいになるようです。

 

 

 



コメント一覧

返信2019年6月12日 8:42 AM

【映画「神と共に」第1章:罪と罰・超❗️❗️❗️感動アクションファンタジー】 – Candy Lab Online School・未来型オンラインスクール・人生100年時代をたのしく生きるためのスキル・24/

[…] 冥界の使者を「1987:ある闘いの真実」の検事役ハ・ジョンウが演じます。 ハ・ジョンウは、「1987」でも、 国家を敵に回しても正義を貫く、 反骨精神いっぱいの、 破天荒な役柄で、 わたしは、すっかりファンでしたが、 […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。