• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    今朝は、なんといつもより1時間遅く寝坊してしまいました(×_×)

    その結果、1時間分の予定していたことができなくて、ついでに、gymに行くのもおっくうになって、今日は止めとこう、また明日と先延ばし(×_×)

     

    その結果、なんだか自分のことが嫌になってしまいました(×_×)

    先延ばし

    そんな時に先日、読んだ「的野裕子さん」の記事がグサッときました❗️

     

    『先延ばしする人は、自信やエネルギーがなく、憂鬱。どう克服すべき?

    的野裕子』

     

    この記事の中で、的野さんは、

    『先延ばしをしたくなる理由のひとつは、

    快楽中枢である脳の辺縁系の活動です。

     

    辺縁系はもっと楽しいことをする方がいいと言い、

    その声に耳を傾けると化学的な快楽物質が出ます。

    だから、先延ばしにするのはとても満足感があるのです。』

     

    つまり、その場限りの、目の前の快楽の方を選んでしまうんですね。

    楽な方を選ぶということですね。

     

    でもでも

    『先延ばしをやめ、今すぐやるべき理由は、

    様々な病気につながる罪悪感や不安が生まれているからです。』

     

    『先延ばしをした大学生は、先延ばしをしなかった学生と比べて、

    後期の成績が悪かったことを証明した研究がいくつかあります。』

     

    『先延ばしをした学生は病気になりやすいこともわかりました。』

    先延ばし

    『さらに、先延ばしをする人たちは、

    自信が持てず、

    エネルギーも少なく、

    憂鬱だ

    と感じる傾向にあります。』

     

     

    『習慣的にぐずぐずと先延ばしをする人たちは自尊心が低い』

     

     

    おおお(×_×)たいへんなことに!!!

     

     

    わたしは、先延ばしをした2時間後にはもう、罪悪感を感じました!

    このネガティブな感情が、健康にもよくないのですね。

     

     

    しかも先延ばしをする人は、

    故意に、自分にハンディキャップをつけるそうです。

     

    つまり、言い訳ですね。

    「そこまで、手が回らなくて」

    「親の世話、子どもの世話で忙しくて」

    「学生みたいに、自由な時間がなくて」

    人間は、言い訳の天才です😆

     

    でも、無意識の深層では

    経験的に、ハンディキャップがある(言い訳する)とうまくいかないことが多く、

    先延ばしにする人たちもそれはわかっています。

     

    先延ばしにする人たちは自分はがまんできず、

    きちんとスケジュールを守ることが下手なこともわかっています。

     

    また、人に迷惑をかけたり、遅刻したり、約束が果たせなかったり

    人間関係にもおよぶので、

    前向きな、いいことが何もありません。

     

    的野さんは、できなかったときの不幸な自分を思い浮かべることで、先延ばしを防げると言っていますが、私は想像でもネガティブなことは避けたいので

     

     

    わたしが考える先延ばしを克服する対策は

    視覚化することです。

     

    手帳の選び方の記事にも書きましたが

    今日することを、書き出し、

    見えるところに貼ったり

    手帳はいつも、机の上に広げておいたりします。

     

    見えないものは、無いのと同じです(×_×)

    また、今はスマホなどがスケジュール管理もしてくれるので、

    たすくまアプリ、

    To do リスト、

    カレンダーアプリ、

    などのリマインダーをフル活用します。

     

    そして、完璧主義にならないこと😃

    自分のスケジュールに乗り遅れても、

    今できる時点から始めて🌟

    できなかったことは、あっさり忘れてしまうことです😃

     

    いいフィードバックができました😃💕🌟💕🌟

    明日からまた、がんばります💕



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。