• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

2歳から、78歳❗️の人まで、

英語を教えていての体感ですが、

英語に接するのは、

やはり、

小さな頃からがいいと思います。

幼児の英会話

私自身、英語を中学校から学習した世代ですが、

幼児の発音の良さにはかないません(×_×)

 

ワシントン大学の学習脳科学研究所所長・Patricia Kuhl

(パトリシア・クール)氏によると

9歳ころに、言語習得の臨界期があるそうです。

 

 

9歳を過ぎると、

論理的思考力がついてくるので、

日本語で理解して、

また文字で言葉を理解するので、

英語の音そのものを吸収することがたいへんになってきます。

 

9歳の壁

 

その原因は

英語と日本語の、音の周波数の違いにもあります。

日本語 125ヘルツ〜1,500ヘルツ

 英語  2,000ヘルツ〜12,000ヘルツ

 

 

日本語は母音(a,i,u,e,o)が中心で、周波数が低く、

英語は子音( b,c,d,f,g, など)が中心で、周波数が高いのです。

 

私たち日本人には、風の音みたいに聞こえますね😃

 

 

日本語耳ができてしまうと、

Good morinig を、「ぐっど もーにんぐ」

ローマ字で書けば、guddo  mooningu  とそれぞれの単語の後に、

「o お、u う」と母音がはっきり入ってしまいます。

 

 

ネイティブの発音だとd,gの子音で終わるので、

その部分が私たち日本人には聞き取りにくく、

「ぐっもーにん」

と聞こえますよね。

 

 

「あいうえお」をはっきり発音する日本語耳ができてしまった、

9歳以降に英語を聞くと、

発音も聞き取りも難しくなるのです。

 

 

また、英語は、日本語と違って、単語ごとにくっきり発音するのではなく、

意味のあるフレーズをひとまとまりの音として発話します。

文字から先に入ると、どうしても、単語、単語で発音してしまいます。

 

 

子どもの頃から、英語(高周波)と日本語(低周波)の両方を聞くと、

他にもいいことがあります❗️

音楽、ダンス、スポーツなどの能力開発にも有効です😃

 

 

でも💕

このブログや、YouTubeで、

英語が聞こえる環境を作りましょうとお伝えしたように、

 

9才を過ぎてからも、

ご紹介している様々な工夫で😃

リスニング力をつけることは可能ですので❗️

あきらめないでくださいね😃💕🌟💕🌟

 

 

日本にいて、

留学しているような環境を作ることを、

お伝えしたところ

 

先日、保護者の方から、

とても嬉しい、メッセージをいただきましたので、

ご紹介させていただきます。

 

教えて頂いたYouTubeやAmazonのプライムビデオで映画など、

親子ではまって見ています📺
そしたら先日、子ども(5才)が、
YouTubeで英語版のドラえもんを見つけて観てました😃

今日も英語のアニメを親子で観ていたのですが、

 

お兄ちゃん(小3)は画面に背を向けて他のことをしながら、

 

耳だけ傾けている様子でした。

 


すると主人公が

 

 

 

「My shoe has gone.」

 

 

 

 

というセリフを言った瞬間、

 

パッとテレビのほうを振り返り、

 

片方の靴が脱げているのを見て

 

 

 

「あ、本当やん。靴なくなっとる。」と言ったのです❗️


「え~❗️❗️
聞き取れてたの?」

 

 

とびっくりしてしまいました🌟

 

 

画面は見てなかったので、ヒヤリングだけで状況を読み取って、

画面見て確認したっていうことに

 

我が子ながら感心してしまいました❗️

 


文法中心の英語教育しか受けてこなかった私にとって、

 

ひたすら英語のシャワーを浴びるという方法で英語力がつく、

というのがピンとこなかった部分があったのですが、

 

今日のこの出来事で

 

「なるほど😃 こういうことか🌟」と

 

理解できたように思います😃

 

 

 

 

 

嬉しいメッセージありがとうございます💕

これからも、楽しい英語の道をご一緒に歩いて行きましょう😃

 

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。