• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

ワンダフル・ワールド Wonderful World サム・クック Sam Cooke
私が、この曲に出会ったのは、1997年の三上博史主演テレビドラマ「それが答えだ!」。

音楽が好きなので、映画やドラマでも音楽を扱ったものは見ることが多い。「それが答えだ!」は、ドラマ自体も面白かったが、気になったのがエンディングで歌われていたウルフルズのワンダフル・ワールド。「どの町まで行けば 君に会えるだろう どの町を歩けば 君に会えるだろう ・・・」の日本語歌詞がシンプルでいて力強く、心地よかった。

調べてみるとオリジナルは、あのサム・クック。
サムクックは、元々はゴスペル・シンガーだったが、R&Bに転身して、ソウル・ミュージックの大スターとなった人。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」第4位にも選ばれている。(2013)

Wonderful World Sam Cooke

 

Wonderful World Sam Cooke 1960

Don’t know much about history,
don’t know much biology.
Don’t know much about a science book,
don’t know much about the french I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be.

Don’t know much about geography,
don’t know much trigonometry.
Don’t know much about algebra,
don’t know what s slide rule is for.
But I know that one and one is two,
and if this one could be with you,
what a wonderful world this would be.

I don’t claim to be an ‘A’ student,
but I’m trying to be.
For maybe by being an ‘A’-student, baby,
I can win your love for me.

Don’t know much about history,
don’t know much biology.
Don’t know much about a science book,
don’t know much about the french I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be.

History
Biology
Science book
French I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be

Music by Sam Cooke performing (What A) Wonderful World. (C) 2015 ABKCO Music & Records, Inc.

 

歴史のことなんかよく知らないし、生物学もよくわからない
科学の本はむずかしいし、専攻のフランス語もよくわからない
でも、僕が君を愛していることは よく知ってるさ
そして、君も僕を愛してくれたら、どんなにどんなに素敵な世界になるだろう

 

歌詞も韻を踏んで気持ちがいいし、ゆったりしたテンポもいい、ふつうに口ずさみたくなる感じの名曲です。
別の歌手が歌うと、お気楽な学生のラブ・ソングに聞こえるのかもしれません。しかし、サム・クックが公民権運動 Civil rights movement にも熱心だったことを考えると、ただのラブ・ソングだとは思えなくなってきます。泥臭いゴスペルと白人ダンス音楽を融合し洗練させた独自の世界をつくったサム・クックだから、この歌詞の中にもいろいろな意味を感じるのかもしれませんね。

ミシシッピ州クラークスデイル生まれ。後に家族とともにシカゴに移住。父親は牧師であり、幼い頃から聖歌隊で歌う。19歳のときにゴスペル・グループのソウル・スターラーズのリードボーカルとなり、端正なルックスでゴスペル界ではアイドル的人気を博した。1957年にソロ歌手としてR&Bに転向し、「ユー・センド・ミー」がヒット。これをきっかけにR&B界で数々のヒットを飛ばし、発展目覚ましかったソウル/R&B界のスターとなる。それまでの黒人歌手のスタイルとは一線を画した洗練された音楽性で、声の良さと歌唱力もさることながら、「クック調」と呼ばれる鼻にかかった歌い方は白人にも高く評価され、後世に大きな影響を与えた。

1958年には、マネージャーのJ.W.アレクサンダーと共に音楽出版社を設立。後にはSARレコードを設立する。R&Bが流行した当時、黒人のアーティストは曲を作っても満足な対価を得られず、白人の会社に「搾取」されるのが通例だった中にあって、自らの著作権を管理するのは画期的なことであった。

1959年にキーン・レコードを離れる。1960年にRCAビクターと契約するも、キーン・レコード時代に録音し未発表だった「ワンダフル・ワールド」が同レーペルから発売されヒット。

クックの曲は、『ビルボード』のR&Bチャートだけでなくポップ・チャートでも上位に入った。1960年代には「チェイン・ギャング」(2位)、「ツイストで踊りあかそう」(9位)、「こんどの土曜に恋人を」(10位)、「シェイク」(7位)を全米トップ10に送り込んでいる。

黒人の権利に対する意識が高く、公民権運動にも積極的な関わりを持ち、マルコムXやモハメド・アリとも親交を深める。1964年の「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」は、ボブ・ディランの「風に吹かれて」に影響を受けて生まれた、人種平等社会が訪れることへの期待を込めたメッセージソングであった。

サム・クック Wikipedia 略歴より

どうでしょうか。君が白人で、僕が黒人などと考えると、単なるラブ・ソングには聞こえてこなくなりませんか。
「what a wonderful world this would be なんて、すてきな世界なんだろう」って、泣けてきます。

Sam Cooke – A Change Is Gonna Come (Official Lyric Video)

 

A Change Is Gonna Come   Sam Cooke  1964

I was born by the river in a little tent
Oh, and just like the river I’ve been a-runnin’ ever since.
It’s been a long, a long time comin’,
but I know, oh-oo-oh,
a change gon’ come, oh yes, it will.

It’s been too hard living but I’m afraid to die
‘Cause I don’t know what’s up there beyond the sky
It’s been a long, a long time comin’,
But I know, oh-oo-oh,
A change gonna come, oh yes, it will.

I go to the movie and I go downtown
Somebody keep tellin’ me don’t hang around.
It’s been a long, a long time coming, but I know, oh-oo-oh,
A change gon’ come, oh yes, it will.

Then I go, oh-oo-oh, to my brother and I say, brother, help me please.
But he winds up knocking me back down on my knees, oh.

There’ve been times that I thought I couldn’t last for long
But now I think I’m able to carry on
It’s been a long, a long time comin’,
But I know, oh-oo-oh, a change gonna come, oh yes, it will.

Directed & Produced by: Robin Klein, Mick Gochanour, Hector Sanitizo
Video Editor: Andre Murrugarra
(C) 2016 ABKCO Music & Records, Inc.

Music video by Sam Cooke performing A Change Is Gonna Come. (C) 2016 ABKCO Music & Records, Inc.

Wonderful World  Otis Redding
The 8th track of Otis Redding’s 1965 album “Otis Blue”

こちらは、サム・クックをリスペクトしていたオーテス・レディング Otis Redding のソウルフルなこってりバージョン。それにしても、歌がうまい。

A Change Is Gonna Come -Sam Cooke (1964) covered by Aretha Franklin (1967)

同じく、アレサ・フランクリン Aretha Franklin による力強いソウルフルなカヴァー。最初に歌詞が付け加えてあります。

There’s an old friend that
I once heard say
Something that touched my heart
And it began this way

 

 

 

それでは、また。#27

 

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。