• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2017年公開、ブライアン・フィー監督の映画『カーズ/クロスロード』です。

迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。運にも世間にも見放され、頭の中に引退という文字がちらつき……。

ディズニーピクサーの大人気シリーズ第3弾。ライトニングマックイーンの苦悩と引退を描く。

多くの人気長編アニメーション作品を手掛けるディズニーピクサーですが、『トイストーリー』や『カールじいさんの空飛ぶ家』など大人が見ても心に響く作品が多く、特に『カーズ/クロスロード』は感動必至の作品です。

前作までは「最強最速」と言われていたライトニングマックイーンが時代の波にのまれ、その座を奪われていく姿は引退寸前のトップアスリートを見ているようですごく寂しいです。しかし、支えてくれる仲間の存在や新たな生きがいなども同時に描かれており、一時代の終焉と新たな時代の幕開けの両方がうまくまとめ上げられています。

そんな少し切ないドラマもありつつ、レースシーンもディズニーピクサーの培ったCG技術により、迫力と緊迫感のある仕上がり。子供から大人まで十分に楽しめます。

世代交代という渋めなテーマを扱いながらも、子供向け長編アニメーションとしても大人向けドラマとしてもハイクオリティな作品に仕上げることができてしまうピクサーはすごいと思います。ちなみに奥田民生さんが歌う日本版テーマソング「エンジン」も哀愁ただようすごくいい歌声で、今どきの言葉で言うとまさに「エモい」雰囲気のこの映画にぴったりの曲です。

来週はいよいよゴールデンウィーク。ぜひこの機会に親子そろってご覧になってみてはいかがでしょうか。

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。