• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

今回のぶろっこり🎶今週の洋楽🎶は、素直になれなくて Hard To Say I’m Sorry シカゴ Chicago をピックアップします。

シカゴ Chicago は、アメリカのロックバンド。ロックにブラス(ホーンセクション)を取り入れたバンドの先駆けで、ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズやチェイスなどと並ぶ“ブラス・ロック”の雄でした。けれど、長いバンドの歴史(1967年から現在まで)を通じて、ラブ・バラードやソフト・ロック、AORなどの路線に変化していきます。

ですから、私ぐらいの年代の方は、ブラス・ロックの頃のヒット曲や社会的・政治的なメッセージの強いロックバンドのイメージが強いと思います「長い夜 25 Or 6 To 4」「ぼくらに微笑みを Make Me Smile 」「クエスチョンズ67アンド68 Questions 67 and 68 」 「ビギニングス Beginnings 」「一体現実を把握している者はいるだろうか Does Anybody Really Know What Time It Is? 」「ロウダウン Lowdown 」「サタデイ・イン・ザ・パーク Saturday In the Park 」などその特徴的なサウンドは耳に刻まれていることでしょう。

けれども、もう少し若い方は、今で言うAORのバンドというイメージが強いと思います。今回は、その頃のヒット曲を取り上げてみました。

素直になれなくて Hard To Say I’m Sorry chicago

Hard To Say I’m Sorry – CHICAGO

 

Hard To Say I’m Sorry Chicago 1982

Everybody needs a little time away
I heard her say
From each other
Even lovers need a holiday
Far away
From each other
Hold me now
It’s hard for me to say I’m sorry
I just want you to stay
After all that we’ve been through
I will make it up to you
I promise to
And after all that’s been said and done
You’re just the part of me I can’t let go
Couldn’t stand to be kept away
Just for the day
From your body
Wouldn’t want to be swept away
Far away
From the one that I love
Hold me now
It’s hard for me to say I’m sorry
I just want you to know
Hold me now
I really want to tell you I’m sorry
I could never let you go
After all that we’ve been through
I will make it up to you
I promise to
And after all that’s been said and done
You’re just the part of me I can’t let go
After all that we’ve been through
I will make it up to you
I promise to
You’re gonna be the lucky one
When we get there gonna jump in the air
No one’ll see us ‘cause there’s nobody there
After all, you know we really don’t care
Hold on, I’m gonna take you there

ソングライター: Peter P. Cetera / David Walter Foster
Hard to Say I’m Sorry/Get Away 歌詞 © O/B/O Jasrac

 

まさにAORの名曲、と言っても、異論はないでしょう。この曲は、それまでのスタイルから大きく転換し、ホーンを抑えて代わりにシンセとディストーションの効いたエレキ・ギターが中心となっています。ピアノ:デイヴィッド・フォスター、キーボード:TOTOのデヴィッド・ペイチとスティーヴ・ポーカロ、ギター:TOTOのスティーヴ・ルカサーがセッション・ミュージシャンとして参加していますから、豪華ですね。ピークを過ぎたと思われたシカゴは、この曲で7年ぶりに全米シングルチャートで1位を記録しました。日本でもオリコン洋楽チャートで5週連続1位を獲得しています。

日本語訳については、Keiさんの訳をご紹介しておきます。 素直になれなくて、言いにくいんだけど・・・・。

 

続いて、ラブ・バラード路線に変更するきっかけとなった大ヒット曲。初めて、全米1位を取りました。

愛ある別れ If you leave me now Chicago 1976
少し古いので、音や映像があまり良くないですが、演奏の様子が良くわかります。

 

If you leave me now Chicago 1976

If you leave me now you’ll take away the biggest part of me
No baby please don’t go
And if you leave me now you’ll take away the very heart of me
No baby please don’t go, no I just want you to stay
A love like ours is love that’s hard to find
How could we let it slip away?
We’ve come too far to leave it all behind
How could we end it all this way?
When tomorrow comes and we both regret
The things we said today
A love like ours is love that’s hard to find
How could we let it slip away?
We’ve come too far to leave it all behind
How could we end it all this way?
When tomorrow comes and we both regret
The things we said today
And if you leave me now you’ll take away the biggest part of me
No baby please don’t go, no baby please don’t go
Oh girl, I just got to have your lovin, yeah
No baby please don’t go, don’t go, don’t go

ソングライター: Peter Cetera
If You Leave Me Now (Remastered) 歌詞 © Universal Music Publishing Group, Spirit Music Group

日本語訳は、こちらの動画でどうぞ。音もいいです。

 

こちらも、ゆったりとしたバラード。甘すぎないのがいい人に。
ピーター・テセラのきれいな歌声、シカゴって感じがします。

朝もやの二人 Baby、What A Big Surprise Chicago 1977

 

Baby What a Big Surprise Chicago 1977

Right before my very eyes
I thought that you were only fakin’ it
And like before my heart was takin’ it
Baby what a big surprise
Right before my very eyes
Oh, oh, oh, woah, oh
Yesterday it seemed to me
My life was nothing more than wasted time
But here today you’ve softly changed my mind
Baby, what a big surprise
Right before my very eyes, oh, oh
Oh, woah, oh, oh
Just to be alone
Was a little more than I could take
Then you came to stay, oh
Hold me in the morning
Love me in the afternoon
Help me find my way, hey yeah
Now and then just like before
I think about the love I’ve thrown away
But now it doesn’t matter anyway
Baby what a big surprise
Right before my very eyes
Oh, oh, oh, woah, oh
Baby what a big surprise
Right before my very eyes
Oh, oh, oh, woah, oh
Baby what a big surprise
Right before my very eyes
Oh, oh, oh, woah, oh
Baby what a big surprise
Right before my very eyes
Oh, oh, oh, woah, oh
Baby what a big surprise

ソングライター: Peter P. Cetera
Baby What a Big Surprise 歌詞 © Universal Music Publishing Group

歌詞の意味は、こんな感じでしょうか。

僕の目の前にいるのに、本当だとは思えなかった。それなのに、僕の心は奪われていた。
Baby、なんという サプライズ。まさに、目の前で。
昨日までの僕には、人生は無駄な時間でしかなかったけど、今日、君がそれをそっと変えてくれた。
一人ぼっちでいるのは、嫌だったけど、君が来てくれたね。
朝は僕を抱きしめて、午後には愛してくれよ。生きていく手助けをしてくれるね。
時々、過去の愛を思いだすこともあるけど、今となってはどうでも良いことさ。
Baby、なんという サプライズ。まさに、目の前で。

 

初期のシカゴは、また別の機会にピックアップしたいと思います。こうご期待。

 

それでは、また。#36

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。