• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2013年公開、マーティン・スコセッシ監督の映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』です。

学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

レオ様ことレオナルド・ディカプリオが突き抜けた演技で大金持ちの証券会社社長を怪演。『タクシードライバー』などで知られるマーティン・スコセッシ監督がウォール街の狼と呼ばれた男の半生を映画化した衝撃のエンターテイメント。

皮肉なことに先日、こちらの映画のプロデューサーを担当した男性がマネーロンダリングで逮捕されました。劇中で資金洗浄や市場操作を取り扱っている作品だけに巷では話題になっていました。(どうやら資金洗浄されたお金が映画の製作にも使用されていたようです。)

そんな今作ですがストーリーも内容もかなりぶっ飛んでいます。投資銀行に入社したのもつかの間、株価の大暴落によりあっという間に職を失ってしまったジョーダン・ベルフォート。銀行の上司が彼に入社当初、投資の哲学を教えるシーンではマシュー・マコノヒーが上司役を演じます。ランチで酒とクスリを楽しむイカれた上司にジョーダンが圧倒されるシーンは冒頭から強烈なインパクトを残してくれます。『インターステラー』でかっこいいお父さん役を演じていたマシュー・マコノヒーとは思えません。

ジョーダンはペニー株と呼ばれる株を扱い、巧みな話術を駆使して次々にお金持ちから金を巻き上げていき大成功をおさめます。彼の集めた仲間たちもカフェでウェイターをしていた男やヤクの売人などクセの強い人選。ですが、ボールペンを売り込む文句を、売人に考えさせるシーンは「市場」というものを端的に示していて感心してしまいました。

証券会社を立ち上げ、数々の違法取引を繰り返しながら年収49億円の大金持ちにのし上がったジョーダンですが、警察にマークされ転落への道に進むことになります。中盤からは欲望にまみれた人間の狂気、奇行が見事に映像化されていて、下品で下劣な表現が多々見受けられますが、腹を抱えて笑ってしまいます。これが実話を基にした作品だとは到底信じられません。

過激な表現が多い作品ですが欲望の赴くまま金にものを言わせる男の滑稽な失敗がテーマの「コメディ」ともいうべき傑作です。3時間と少し長いですが、不思議とあっという間に見れてしまうので是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。