• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

スティング Sting が、アルバム『My Songs』を久しぶりにリリースしました。それにちなんでベタですが、ポリス The Police の曲をピックアップしたいと思います。

このアルバム『My Songs』は、1977年にバンドを結成してから現在まで世界中の人々に愛されてきた、ポリスとスティングの名曲の数々を、2019年のスティング自身がセルフ・カヴァーした作品となっています。スティングの新しいベスト・アルバムだともいえるのではないでしょうか。「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク Englishman in New York」「シェイプ・オブ・マイ・ハート Shape of My Heart」「見つめていたい Every Breath You Take」「ロクサーヌ Roxanne」「孤独のメッセージ Message in a Bottle」といった代表曲に対するスティング自身の新しいアプローチやライブ・テイクを聴くことができます。

 

「見つめていたい Every Breath You Take」 ザ・ポリス The Police 1983年

この曲は、ポリスの最大のヒット曲ですので洋楽ファンは当然ご存じの曲だと思います。そうでなくても、ラジオなどでもよく流れてきますので、耳にしたことがあるでしょう。また、英語の授業でも取り上げられることが多く、生徒たちにも人気の曲だと思います。

イギリスの3人組ロックバンド、ポリスの5枚目のアルバム『シンクロニシティー Synchronicity 』(1983年)からのファースト・シングル。イギリスで4週連続、アメリカでは8週連続1位となったポリス最大のヒット曲です。グラミー賞(1984年)でも、最優秀楽曲賞と最優秀ポップ・デュオ/グループを獲得しています。

ゴドレイ&クレームの監督による、このモノクロ撮影のMVも、めっちゃかっこいいです。当時のMTVで、かかりまくっていたのを思い出します。

ポリスは、スティング  Sting (ベース、リード・ヴォーカル)、スチュアート・コープランド Stewart Copeland (ドラムス)、アンディ・サマーズ  Andy Summers (ギター)の三人組 three-piece band、ホワイト・レゲエと呼ばれ、ロック・ファンはそのサウンドと疾走感のある演奏に驚かされ虜になりました。世界中で、絶大な人気を獲得しています。もちろん、わたしもその1人です。

 

Every Breath You Take The Police 1983

Every breath you take
Every move you make
Every bond you break
Every step you take
I’ll be watching you
Every single day
Every word you say
Every game you play
Every night you stay
I’ll be watching you
Oh can’t you see
You belong to me
My poor heart aches
With every step you take
Every move you make
Every vow you break
Every smile you fake
Every claim you stake
I’ll be watching you
Since you’ve gone I been lost without a trace
I dream at night I can only see your face
I look around but it’s you I can’t replace
I feel so cold and I long for your embrace
I keep crying baby, baby, please
Oh can’t you see
You belong to me
My poor heart aches
With every step you take
Every move you make
Every vow you break
Every smile you fake
Every claim you stake
I’ll be watching you
Every move you make
Every step you take
I’ll be watching you
I’ll be watching you
(Every breath you take, every move you make, every bond you break, every step you take)
I’ll be watching you
(Every single day, every word you say, every game you play, every night you stay)
I’ll be watching you
(Every move you make, every vow you break, every smile you fake, every claim you stake)
I’ll be watching you
(Every single day, every word you say, every game you play, every night you stay)
I’ll be watching you
(Every breath you take, every move you make, every bond you break, every step you take)
I’ll be watching you
(Every single day, every word you say, every game you play, every night you stay)
I’ll be watching you

Source: LyricFind
ソングライター: Gordon Sumner
見つめていたい 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC

 

ロマンティックなラブ・ソングのように聞こえますが、一歩間違うとストーカーになってしまいそうです。(^▽^)
I’ll be watching you は、「僕は君を見守っているよ」というやさしさではなく、「監視している」という意味が強いフレーズ。ジョージ・オーウェルの小説「1984」のビッグ・ブラザーのポスター Big Brother is watching you ほどではありませんが。

スティング自身も、1983年のNew Musical Expressによるインタビューで「とても悲しい時にかいた」と語っています。
「みんなが思っているような甘いラヴソングではなく、不快でむしろひどい歌 nasty little song 」
「愛するがゆえに監視し、束縛し、嫉妬する、そうしたイヤな感情をすべてをかいた」

この曲は、抑えようとすればするほどにじみ出くるマイナスな感情に対して、自分を責めたりして悲しみに沈んでいる時のことを歌っているのかもしれません。

けれども、スティングの抑えた歌い方や独特のコードなどによって、結婚式にも使われるラブ・ソングとして今も聞かれていることになります。皮肉ですね。

 

当時のライブ・テイク The Police – Every Breath You Take (live in Montreal ’83)

渋いスティングもいいけど、ポリス時代の緊張感のあるサウンドも最高です。

 

それでは、また。#42

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。