• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

映画「天気の子」見てきました😃
朝9時からの最初の上映をがんばって見に行きました❗️
思ったよりも多くの皆さんが、見ていてびっくりしました。
さすが、新海誠・監督の話題の映画ですね😃

天気の子

私のレビューは、

1.空の映像が特に美しい

新海誠監督作品は、「言の葉の庭」を初めて見たときから、
美しい雨の描写、木漏れ日の薄い日の光、あまりの美しさに息を呑むほどです!

「天気の子」も、とことん、繊細な色彩のこだわりに、うっとりでした。

2.Radwimpsの曲に涙が

「君の名は」に続き、Radwimpsの歌が、本当に映像とストーリーにぴったりでした。
エンドロールの「愛にできることはまだあるかい」は、あまりにも美しく、涙が出そうになりました。
曲が終わるまで、誰も席を立つ人がいませんでした。

私もすぐ、itunesで、「愛にできることはまだあるかい」購入しました。
何回も、聞いていたい、素敵な曲です。

3.東京の街並みが悲惨

始まりのダークな部分。
東京の貧しい部分が、心が痛くなるほどつらかったです。
これが、日本の現実!!!
このままの社会でいいはずがない!と、映画「新聞記者」、デンマークの人に優しい国々に思いをはせました。
新海誠監督は、どんな思いで、この東京を描いたのでしょうか?

4.誰かを犠牲にして成り立つ社会は間違っている

この考えは、主人公に全く同感しました❗️
常識の全てを敵に回しても、たった一人の少女を、がむしゃらに守る姿に涙が出ました。
ラストは、地球温暖化で沈みゆく都市を彷彿とさせられます。

5.青空の美しさは?

ストーリーの矛盾を感じたのは、私だけでしょうか?
青空の美しさに、初めて気づく主人公、
人の心をいかに幸せにしてくれるかに感動する主人公。

天気の子

そこからのストーリー展開に、とても無理や、矛盾があって、あの青空の美しさは、いったいこのストーリーの中で、どのような意味があったのかと、本当にラストはこれでいいの? どうにもできなかったの? と、少し居心地が悪かったです💦

二者択一というのは、ありがちなエンディング。結局は何かが犠牲になっています。

もっと、高い次元での、どちらも生きる、視聴者が想像もつかないような解決を考えて欲しかったです🌟

 

私は、「君の名は」のストーリーの方が好きでした。

 

みなさんは、どんな感想を持たれるでしょうか?
ぜひぜひ、ご覧になって感想をお聞かせください😃💕🌟💕🌟

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。