• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

    本日ご紹介するのは2008年公開、クリント・イーストウッド監督の映画『グラン・トリノ』です。

     

     

    妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う。やがて二人の間に芽生えた友情は、それぞれの人生を大きく変えていく。

    クリント・イーストウッドが監督、主演を務めるヒューマン・ドラマ。朝鮮戦争を体験した一人の気難しい老人が、隣に引っ越してきたアジア系一家との交流によって変わっていく一部始終を力強い演技と演出で描く。

     

     

    何を考えてるのかわからないしかめっ面や近寄りがたい雰囲気を醸し出して人を寄せ付けない。でもそういう人に限って仲良くなるとすごくいい人で義理堅い人情味があったりする。この映画はそんな近所の頑固おやじがとにかくかっこいい映画です。

    物語序盤、朝鮮戦争で従軍しアジア人に対して強い嫌悪感を示す主人公ウォルト。隣に引っ越してきたモン族という東洋系少数民族の一家にももちろん、彼は嫌味ったらしい態度をとります。そんな中一家の一人の青年タオが彼の自慢の愛車を盗もうとすると、未遂には終わったもののウォルトのウィットに富んだ悪口や差別的発言が止まりません。

    そんなウォルトの姿を見てあっけにとられますが、いろいろあって徐々に心を開いていく序盤と中盤以降の対比は見事です。素晴らしい演技と脚本によって自然なかたちで善人のウォルトを浮き出させています。

    ラストは「いい映画だったなぁ…。」とじんわり感動する間違いなし。監督と俳優業を長年務めてきたクリント・イーストウッドだからこそ出せた渋くてかっこいい雰囲気全開の名作です、是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

     

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。