• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    📕洋書「風の名前」The name of the wind ファンタジー大傑作、読みました❗️
    大、大、大満足の、重厚な美しい作品です❗️

    (レベル:英検準1級、1級を目指す人向け)

    全 667Pgages !!! 辞書のような分厚さです。洋書には、上下巻に分けるなどの発想が無いのか不思議です(笑)
    日本語訳では、5巻に分冊されています。

    舞台は、ヨーロッパ中世を思わせるようなファンタジーの世界です🌎
    その世界の少年の、悲惨な少年時代、
    大学での成長、仲間たち、
    彼が心ひかれる謎の美女、

    筆致は、丁寧で、美しい表現が散りばめられていて、
    一文一文を、じっくり味わいながら楽しみました。

    主人公クォートは、天才的な頭脳と、柔らかな心を持った美しい青年へと育っていきます。リュートという楽器の演奏の腕前は、多くの人の魂を揺さぶります。

    大学時代は特に素晴らしい物語で、一気に読んでしまいました。

    1巻では、彼の両親を殺した、シャンデリアンという謎の敵の姿に出会うことすらできません。
    しかし、物語の陰に常にその邪悪な存在があります。

    この物語が、どこへ私たちを導くのか、シリーズ2
    The wiseman’s fear
    を開きました。

    また、じっくりレビューいたします。

    もうすぐ映画がリリースされるようです。日本での公開が楽しみです😃💕🌟💕🌟

    ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。