• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・オンラインスクール

    今回のピックアップは、やさしく歌って Killing Me Softly With His Song ロバータ・フラック Roberta Flack。

    この曲は、「違いのわかる男」というコピーで有名になったインスタント・コーヒーのCMで使用されて、繰り返しお茶の間にながされたので、少し「ありふれた感」がありますが、1973年頃に、夜中にラジオからこの曲が流れてきた当時は、なんて色っぽくて美しいメロディなんだと、(歌詞のように)本当に心をかき乱されたものでした。(このアルバム Killing Me Softly や First Take も名盤ですね。)

    英語歌詞の意味をわからずに聞いていたときは、情熱的なラブソングという雰囲気でした。(ロバータ・フラック姉さんの歌唱力恐るべし。)けれど、詳しく歌詞を読んでみると、ラブソングではなくて知らないシンガーの歌を聴きに行ったら、まるで自分のことを歌われているようで、その曲に心を奪われたというような内容でした。調べてみると、次のようなエピソードがあったようです。ウィキペディア(Wikipedia)には、こんな風にまとめてありました。

    「やさしく歌って」(原題: Killing Me Softly With His Song)は、ノーマン・ギンベル作詞、チャールズ・フォックス作曲の1971年のポピュラーソングである。

    女性シンガーのロリ・リーバーマンが、当時まだ無名だったドン・マクリーンが歌う”Empty Chairs”という曲をロサンゼルスのクラブで聴いて感銘を受け、”Killing Me Softly With His Blues”という詩を書いた。これを元に作詞家のギンベルと作曲家のフォックスが曲に仕上げた。
    1972年8月にリリースされたリーバーマンのオリジナルはヒットしなかった。しかし、飛行機の機内BGMとして採用されていたこの曲をロバータ・フラックが偶然聴いて気に入って歌い、彼女のバージョンが大ヒットとなった。リリース後4週間で全米1位、1973年2月24日から4週連続でビルボード誌第1位を達成し、さらに3月31日にはもう一度1位になった。ビルボード誌1973年年間ランキングは第8位。これにより、フラックはグラミー賞で最優秀レコード、最優秀楽曲、最優秀女性ボーカルの3部門を受賞した。
    その後フラックが歌ったものがネスカフェのCMソングとして起用されたことでさらに有名になった。1996年にはヒップホップ・グループのフージーズが「Killing Me Softly」のタイトルでカバーしている。

    フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)「やさしく歌って」より

     

    ロリ・リーバーマン Lori Lieberman がドン・マクリーンのステージで感じたことを歌ったオリジナル。1975年のライブ・ヴァージョン。

     

    こちらが、リーバーマンが虜になったドン・マクリーン Don Mclean の「Empty Chairs」。アメリカン・パイ American Pie やビンセント Vincent がヒットする前のドン・マクリーン  Don McLean のシンプルな歌です。(もちろん、アメリカン・パイもいつかピックアップしますよ。)

     

     

    Killing Me Softly with His Song Roberta Flack 1971
    Strumming my pain with his fingers
    Singing my life with his words
    Killing me softly with his song
    Killing me softly with his song
    Telling my whole life with his words
    Killing me softly with his song
    I heard he sang a good song, I heard he had a style
    And so I came to see him to listen for a while
    And there he was this young boy, a stranger to my eyes
    Strumming my pain with his fingers
    Singing my life with his words
    Killing me softly with his song
    Killing me softly with his song
    Telling my whole life with his words
    Killing me softly with his song
    I felt all flushed with fever, embarrassed by the crowd
    I felt he found my letters and read each one out loud
    I prayed that he would finish but he just kept right on
    Strumming my pain with his fingers
    Singing my life with his words
    Killing me softly with his song
    Killing me softly with his song
    Telling my whole life with his words
    Killing me softly with his song
    He sang as if he knew me in all my dark despair
    And then he looked right through me as if I wasn’t there
    But he just came to singing, singing clear and strong
    Strumming my pain with his fingers
    Singing my life with his words
    Killing me softly with his song
    Killing me softly with his song
    Telling my whole life with his words
    Killing me softly with his song
    Source: LyricFind
    ソングライター: Norman Gimbel / Charles Fox
    Killing Me Softly 歌詞 © O/B/O Jasrac

     

    Killing Me Softly with His Song Roberta Flack 1971

    この曲も、いろいろなシンガーがカヴァーしています。

    Killing Me Softly With His Song Anne Murray

    そして、Fugees が kiling me softly としてリバイバル・ヒットさせました。ビートがきいたナンバー。

    kiling me softly Fugees 1996

     

    それでは、また。#67

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。