• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

少し遅くなりましたが、今回は映画「ロケットマン」の公開にちなんで、エルトン・ジョンの曲を取り上げます。

最近アーティストを扱った映画が増えている気がします。レディ・ガガの「アリー/ スター誕生」、クィーンの「ボヘミアン・ラプソディ」、そしてエルトン・ジョンの「ロケットマン」どれも話題になりました。

エルトン・ジョン Elton John の曲を取り上げるんだったら、「僕の歌は君の歌 Your Song」 や「黄昏のレンガ路 Goodbye Yellow Brick Road」「風の中の火のように Candle in the Wind」などを思い浮かべる方が多いかもしれません。
でも、私が1番に上げるとしたら この曲です。エルトンとの出会いの曲です。そして意外ですが、日本で1番売れたエルトン・ジョンの曲でもあるのです。

1969年発売、「イエス・イッツ・ミー It’s Me That You Need」

イエス・イッツ・ミーはシングルのみの発売で、エルトン・ジョンのデビューアルバム「エンプティ・スカイ Empty Sky (エルトン・ジョンの肖像)」(1973年)のリマスター版CD(1996年)に、このアルバム以前に発売されたシングル曲がボーナス・トラックとして追加収録されました。

この頃からすでに、作詞 バーニー・トーピン、作曲 エルトン・ジョンのゴールデン・コンビです。

 

「エンプティ・スカイ Empty Sky (エルトン・ジョンの肖像)」(1973年)のリマスター版CD(1996年)

うつろな空 – Empty Sky
ヴァル・ハラ – Val-Hala
ウェスタン・フォード・ゲイトウェイ – Western Ford Gateway
2000年の賛美歌 – Hymn 2000
恋人よ明日って何 – Lady What’s Tomorrow
帆船 – Sails
絞首台 – The Scaffold
スカイライン・ピジョン(旧題:地平線の小鳩) – Skyline Pigeon
ガリヴァーの追想 – Gulliver/Hay-Chewed/Reprise
ボーナストラック
レディ・サマンサ – Lady Samantha
オール・アクロス・ザ・ヘヴン – All Across the Havens
イエス・イッツ・ミー – It’s Me That You Need
ストレンジ・レイン – Just Like Strange Rain

 

 It’s Me That You Need Elton John 1969

Hey there
Look in the mirror
Are you afraid you might see me looking at you
Waiting, waiting at windows
Oh it’s me that you need
Yes it’s me and I’m waiting for you
But I remain silent
Oh I won’t say a word
I leave you to realize I’m the light in your world
And it’s me, yes it’s me, yes it’s me, yes it’s me
That you’re needing
It’s me, yes it’s me, yes it’s me, yes it’s me
That you need
Yes it’s me, yes it’s me, yes it’s me
If you want to be living
I’m the one who’s forgiving
Admit that it’s me that you need
Watching, watching the swallows fly
It all means the same
Just like them
You can fly home again
But don’t, no don’t forget yesterday
Pride is an ugly word girl
And you still know my name

ソングライター: Bernie Taupin / Elton John
イエス・イッツ・ミー 歌詞 © Universal Music Publishing Group

言ってることは、これだけ。

君に必要なのは、僕なんだ そう、僕だよ、僕だ 僕なんだ

って、若いなぁ。この歌詞。でも、ジンとくる。

日本公演のライブ・ヴァージョン。動画は、ライブ全曲ですが、イエス・イッツ・ミーは、1曲目です。

It’s Me That You Need (Elton John-Live In Tokyo: 10/1/1971)

Elton John Madman Shakes Tokyo! Remastered concert from Tokyo Koseinenkin Hall, Shinjuku, Tokyo, Japan on October 11, 1971.

It’s Me That You Need
Your Song
Rock Me When He’s Gone
Come Down In Time
Skyline Pigeon
Indian Sunset
Ballad Of A Well Known Gun
Friends
The King Must Die
Holiday Inn
Can I Put You On
Country Comfort
Honky Tonk Woman (partial)
Border Song
Madman Across The Water
Amoreena
Take Me To The Pilot
My Baby Left Me
Whole Lotta Shakin’ Goin’ On

もう1曲。アルバムの中でも、人気がある曲。

オリジナル・アルバム”Empty Sky”ヴァージョン。ハープシコードがうつくしいです。バロックみたいで。

ピアノ・ヴァージョン。アルバム”Don’t Shoot Me I’m Only the Piano Player”1973年、ボーナス・トラック収録。

 

Skyline Pigeon Elton John 1973

Turn me loose from your hands
Let me fly to distant lands
Over green fields, trees and mountains
Flowers and forest fountains
Home along the lanes of the skyway

For this dark and lonely room
Projects a shadow cast in gloom
And my eyes are mirrors
Of the world outside
Thinking of the way
That the wind can turn the tide
And these shadows turn
From purple into grey

( *1 )
For just a Skyline Pigeon
Dreaming of the open
Waiting for the day
He can spread his wings
And fly away again

( *2 )
Fly away skyline pigeon fly
Towards the dreams
You’ve left so very far behind

( *2 repeat )

Just let me wake up in the morning
To the smell of new mown hay
To laugh and cry, to live and die
In the brightness of my day

I want to hear the pealing bells
Of distant churches sing
But most of all please free me
From this aching metal ring
And open out this cage towards the sun

( *1-2 repeat )

Fly away skyline pigeon fly
Towards the dreams
You’ve left so very…so very far behind

バーニーの詞もいいですね。イメージが広がります。

君の手から 解き放ち 遠い国へ 飛び立たせてほしい
緑の草原 木々や山々 花たちや森の泉を越えて
空の道を ただ前へ 故郷へ 帰るのさ

暗くさびしいこの部屋が 憂鬱な陰を映しても
わたしの瞳には 外の世界が映っている
どうすれば いいのか 考えてみよう
風向きを変え 紫から灰色へと変えるには

地平線をゆく鳩は 開かれた世界を 夢にみる
その日を待っている 翼を広げ もう一度 飛び立つ日を

 

今回は、映画「ロケットマン」や「僕の歌は君の歌 Your Song」「黄昏のレンガ路 Goodbye Yellow Brick Road」「風の中の火のように Candle in the Wind」などの名曲を紹介できませんでした。ごめんなさい。また、別の回にやりたいと思います。お楽しみに。

それでは、また。#68

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。