• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

イーグルスは今年、1976年発表のアルバム『Hotel California』をフル・プレイする<Welcome To The Hotel California>公演をアメリカでおこないました。それが好評だったことから2020年にもオーケストラ、合唱団と共に再演するツアーを実施することが決定したそうです。盛り上がりそうですね。

ということで、今回のピックアップは、イーグルス Eagles のホテル・カリフォルニア Hotel California です。

ラスベガス公演は1部で『Hotel California』全曲、2部でグレーテスト・ヒッツ、合わせて30曲以上を演奏。『Hotel California』を最初から最後まで順番通りにライブ・パフォーマンスするのも初めてで、「Try And Love Again」にいたっては1979年ぶりにライブで演奏したそうです。

 

『Hotel California』はグラミー賞2部門を受賞、アメリカだけで2,600万枚以上、世界で3,200万枚以上売れている大ヒットアルバム。アメリカで最も売れたアルバムは、マイケル・ジャクソンの『Thriller』ですが、次いでイーグルスのベスト・アルバム『Their Greatest Hits (1971-1975)』、そそして3位が『Hotel California』となっています。いやあ、すごいグループですよね。そして、タイトルチューンの『Hotel California』は、ロック史にのこる名曲と言っていいでしょう。世界中で大人気の曲ですので、思い入れたっぷりの方も多いと思います。12弦ギターのイントロに、ツイン・ギター、乾いたサイド・ギターのカッティング、印象に残るベースに、ドン・ヘンリーの哀愁漂うボーカルなどが相まって感じる退廃的な雰囲気。語ればきりがないほどですね。

Hotel California Eagles 1976

On a dark desert highway, cool wind in my hair
Warm smell of colitas, rising up through the air
Up ahead in the distance, I saw a shimmering light
My head grew heavy and my sight grew dim
I had to stop for the night.
There she stood in the doorway;
I heard the mission bell
And I was thinking to myself
‘This could be heaven or this could be Hell’
Then she lit up a candle and she showed me the way
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say
Welcome to the Hotel California
Such a lovely place (such a lovely place)
Such a lovely face.
Plenty of room at the Hotel California
Any time of year (any time of year) you can find it here
Her mind is Tiffany-twisted, she got the Mercedes bends
She got a lot of pretty, pretty boys, that she calls friends
How they dance in the courtyard, sweet summer sweat
Some dance to remember, some dance to forget
So I called up the Captain,
‘Please bring me my wine’
He said, ‘we haven’t had that spirit here since nineteen sixty-nine’
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say”
Welcome to the Hotel California
Such a lovely place (such a lovely place)
Such a lovely face.
They livin’ it up at the Hotel California
What a nice surprise (what a nice surprise), bring your alibis
Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice
And she said, ‘we are all just prisoners here, of our own device’
And in the master’s chambers,
They gathered for the feast
They stab it with their steely knives,
But they just can’t kill the beast
Last thing I remember, I was
Running for the door
I had to find the passage back to the place I was before
‘Relax’ said the night man,
‘We are programmed to receive.
You can check out any time you like,
But you can never leave!’

提供元: LyricFind
ソングライター: Glenn Lewis Frey / Don Felder / Donald Hugh Henley
ホテル・カリフォルニア 歌詞 © Warner Chappell Music, Inc, Universal Music Publishing Group, BMG Rights Management

 

歌詞は、「カリフォルニアの砂漠、ハイウェイの運転に疲れて立ち寄ったホテルに数日滞在したが、快楽主義的なお客たちに嫌気がさしてきて、ホテルを出ようとするけれども離れられなくなった」というようなストーリーです。しかし、言外の意味を含んだものとおもわれる歌詞が随所にあり、その解釈についていろいろな憶測を呼んで評判となりました。

歌詞の解釈 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドン・ヘンリーは2007年9月11日の英デイリー・メール紙にてそれらについて「幾つかのこの曲の歌詞の拡大解釈には大変驚かされ続けている。この歌詞の内容はアメリカ文化の度を越した不品行と私達の知合いだった女の子達についてだった。しかし芸術と商業主義との危ういバランスについてでもあった。」と述べている。

作詞者の3人が属するウエストコースト・ロックひいてはロック産業の退廃を揶揄しているという解釈から、カリフォルニア州キャマリロにあったカリフォルニア州立精神病院を描写しているという解釈、さらには全汎的にアメリカ社会ないし現代文明のひずみに対する憂いを表現しているという解釈まで、聴き手に様々な印象を与える歌詞となっている。

たとえば、colitas コリタス(サボテンの一種・メキシコでマリファナの隠語)、spirit スピリット(「(蒸留)酒」・「魂」)などの掛詞。Tiffany-twisted ,Mercedes bends(benz)ティファニーやメルセデスの象徴するもの。なぜ1969年以降のスピリットが無いのか。殺せない the beast その獣(けもの)とは何を指すのか。最後の印象的なフレーズ We are programmed to receive. You can checkout any time you like, but you can never leave! は、どういう意味なのか。checkout は、自殺という意味に使われることもある。

母語の人たちにも、いろいろな解釈があるのに、私たちには到底無理な気もしますが、それを楽しむのも音楽の喜び。ぶろっこり も、スピリットを片手に、アルバムを引っ張り出し、曲を聴き直しては、カバー写真をながめたり、解説を読み返したり、ネットをさまよったりとたのしい時を過ごしました。

 

それでは、また。#79

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。