• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・大人も学べるオンラインスクール

    クリスマスには、ご家庭で子どもさんたちと映画を楽しむのもいいですよね😃💕🌟💕🌟

    私からのオススメは、「サンタクローズ」❗️
    サンタクロースでは、ありません(笑)

    Santa Clause

    Clause は、「契約」という意味です😃


    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    『サンタクローズ』(The Santa Clause) は1994年のアメリカ合衆国の映画。
    ある日突然サンタクロース (Santa Claus) の仕事を引き継ぐ契約「サンタクローズ (Santa Clause)」を結ばされてしまった男性を描いたコメディ映画である。


    なんと、25年も前のDisney映画です😃
    私の大のお気に入りです💕
    高校生と中学3年生に、クリスマスプレゼントに見てもらいましたが、
    「よかったです😃」と言ってくれました。
    感想を読むのが楽しみです😃

    この映画は、生徒たちが自分では決して選ばないだろうと思って、見てもらいました。

    CGもなければ、
    派手なアクションもない、

    けれども、大人になって、子どもの頃の夢を思い出せる、とても素敵な映画です😃💕🌟💕🌟

    ラストの頃には、クリスマスの夢の世界にたっぷり浸れます。心が夢でいっぱいになります😃💕🌟💕🌟

    Merry Christmas💕と、周りの人に言葉をかけたくなる映画です💕

    印象に残った英語のセリフは、

    大人が妖精に、
    「サンタクロースを信じるのか? Do you believe Santa Claus ? 」
    と聞くシーンがあります。

    サンタクローズ

    その時の妖精の答え

    “Children have never seen Santa Claus.

    But they know Santa Claus.”

    「子どもは、サンタクロースを見たことも(会ったことも)ないけれど、
    いるってわかってるの。」

    この believe と、 know の大きな違いがここでわかりますね😃

    know は、believe よりも強い言葉で、その存在を確かに知っているという意味です。

    映画を楽しみながら、こんな素敵な、生き生きした英語の表現も、たくさん集められるのも洋画の楽しさです😃💕🌟💕🌟

     

    ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

     

     

     

     

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。