• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

今回も、映画ネタです。以前、映画「ペット Pets 」の中で使われていた曲を紹介しましたが、続編の映画「ペット2 Pets 2 」を最近やっと見ることができました。(あまり映画館に行くことがなくて、新しい映画は基本観てないです。(^▽^) 映画は、もっぱら Amazon Prime Video です。) さて、映画の内容も良かったんですが、その中で使用されていて、気になったのが、ジャック・アントノフ Jack Antonoff の「Me and Julio Down by the Schoolyard」とケビン・ハート Kevin Hart の「Panda」です。

Me and Julio Down by the Schoolyard · Jack Antonoff

The Secret Life of Pets 2 Credits + Kevin Hart (Snowball) Rap Song ”Panda” | Full HD

そこで、今回は、「僕とフリオと校庭で Me and Julio Down by The Schoolyard」ポール・サイモン Paul Simon をピックアップしました。なにが、そこで かわかりませんが。

僕とフリオと校庭で  Me and Julio Down by the Schoolyard

 

『ポール・サイモン Paul Simon 』は、サイモン&ガーファンクル解散後にポール・サイモンが初めてつくったソロアルバム。(その前につくった『ポール・サイモン・ソングブック』はながらく廃盤とされていたため、実質的に初のアルバム。)

サイモン&ガーファンクルが解散してショックだったのですが、このアルバムもショッキングでした。ポールのソロの作品がどのようなものかわくわくしてレコードをきいたファンも、ビックリしたことでしょう。これまでのS&Gのサウンドとはぜんぜん違うサウンドだったんです。いまでこそ、スカやレゲエもなじみがありますが、ポールの音楽にたいする貪欲な関心は、当時の私たちにかなりのショックを与えて賛否両論でしたね。

Me and Julio Down by the Schoolyard Paul Simon 1971
The mama pajama rolled out of bed
And she ran to the police station
When the papa found out he began to shout
And he started the investigation
It’s against the law
It was against the law
What the mama saw
It was against the law
The mama looked down and spit on the ground
Every time my name gets mentioned
The papa said, “oy, if I get that boy
I’m gonna stick him in the house of detention”
Well I’m on my way
I don’t know where I’m going
I’m on my way
I’m taking my time
But I don’t know where
Goodbye to Rosie, the queen of Corona
Seein’ me and Julio
Down by the schoolyard
Seein’ me and Julio
Down by the schoolyard
Whoa, in a couple days they come and take me away
But the press let the story leak
And when the radical priest
Come to get me released
We was all on the cover of Newsweek
And I’m on my way
I don’t know where I’m going
I’m on my way
I’m taking my time
But I don’t know where
Goodbye to Rosie, the queen of Corona
Seein’ me and Julio
Down by the schoolyard
Seein’ me and Julio
Down by the schoolyard
Seein’ me and Julio
Down by the schoolyard
提供元: LyricFind
ソングライター: Paul Simon
Me and Julio Down by the Schoolyard 歌詞 © Universal Music Publishing Group

さて、歌詞の方もわかりやすいとは言えないですね。当時のわたしには、早口言葉みたいでした。

Yahoo!知恵袋の質問で回答されていた訳

Me And Julio Down By The Schoolyard  Paul Simon  1971

The mama pajama rolled out of bed
She ran to the police station
When the papa found out, he began to shout
And he started the investigation

ママはパジャマのまま、ベッドから転げ落ちるように
警察に駆けつけた
パパは俺の顔を見たとたん、大声を出して
尋問攻めさ

And it’s against the law, it was against the law
What the mama saw, it was against the law

「それは犯罪だ、犯罪なんだぞ!」
「ママの見たこと、それは犯罪だぞ」

The mama looked down and spit on the ground
Every time my name gets mentioned
The papa said, “Oy, if I get that boy
I’m gonna stick him in the house of detention”

ママは俺を見下ろして、地面につばを吐いた
「お前が何かしでかす度に、滅茶苦茶言われんのよ!」
パパは言ったそうだ
「あのクソ餓鬼、留置場でとっちめてやる!」

Well, I’m on my way
I don’t know where I’m going
I’m on my way
I’m taking my time but I don’t know where

ヘッ、俺は俺のやりたいようにやる
先の事なんざ、知ったこっちゃねえよ!
俺の人生さ
気の向くままに生きるぜ、どこに向かうのか解らないけどな

Goodbye to Rosie, the Queen of Corona
See you, me and Julio down by the schoolyard
See you, me and Julio down by the schoolyard

グッバイ!ロージー、コロナの女王
またいつか会おう、ボクとフリオと校庭で
またいつか会おう、ボクとフリオと校庭で

In a couple of days they come and take me away
But the press let the story leak
Now when the radical priest came to get me released
We was all on the cover of Newsweek

今日か明日には、パパとママが俺を留置場から引き取るさ
でも、ブン屋に話が漏れちまうだろ!
お偉い司祭様が来て、俺の釈放を頼んでくれる頃には、
ニューズウイークの一面に載っているだろうよ!

And I’m on my way
I don’t know where I’m going
But I’m on my way
I’m taking my time but I don’t know where

そうさ、俺は俺のやりたいようにやる
先の事なんざ、知ったこっちゃねえよ!
俺の人生さ
気の向くままに生きるぜ、どこに向かうのか解らないけどな

Goodbye to Rosie, the Queen of Corona
See you, me and Julio down by the schoolyard
See you, me and Julio down by the schoolyard
See you, me and Julio down by the schoolyard

グッバイ!ロージー、コロナの女王
またいつか会おう、ボクとフリオと校庭で
またいつか会おう、ボクとフリオと校庭で

やっぱり、皆さん気になりますよね。ママが何を見たのか。

 僕とフリオと校庭で 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『ローリング・ストーン』1972年7月20日号でジョン・ランドー(Jon Landau)はサイモンに歌詞の意味を尋ねた。

ランドー 「ママが見たものって一体何だったんですか? 今世界中が知りたがっています」
サイモン 「それが何なのかなんて僕には分からない」
ランドー 「4人の人間が私に言ったんです。お前が真っ先に聞くべきはこのことだと」
サイモン 「何か性的なものじゃないかとは思うけれど、僕がその『何か』を答えたとしてもみんなの理解をわざわざ妨げるつもりはないよ。どちらでもいいことだから」

山崎まさよしは、「僕とフリオと校庭で」をもじって「僕と不良と校庭で」って曲書いてますね。こちらもしっとりとした、いい曲です。
「僕と不良と校庭で」山崎まさよし アルバム「アトリエ」2003

 

歌詞とは関係ないけど、「僕とフリオと校庭で」は、わけもわからなく怖い?漫画にもなっていますね。諸星大二郎先生には、失礼ですが。

 

 

このアルバムからもう1曲。こちらも、イントロが耳にこびりつきます。

母と子の絆 – Mother and Child Reunion

ソロとして最初のヒット曲「母と子の絆 Mother and Child Reunion 」の歌詞も、難しい言葉はないものの意味がつかみにくくて、英語が母語の人も ちょっと聞いただけでは何がなんだかわからないようです。
ポール自身が、さきほどの『ローリング・ストーン』誌のインタビューで「歌のタイトルは、中華料理の店で食べたことのある、鳥と卵の料理名に由来している。飼っていた犬が死んだんだ、たった今までそこにいたのに、次の瞬間には居なくなっている。それがもし、ペギー(当時の妻)だったらどうしよう。死って何だろう。死とペギーの結びつきがかなうとしたら、天国のようなところかな。」と言っているそうなので、「死」をイメージして書いた曲であることは間違いないでしょう。そしてなんとなく、ビートルズの「レット・イット・ビー Let it be 」を思い出すのも、わたしだけではないと思います。

Mother and Child Reunion Paul Simon  1971

No I would not give you false hope
On this strange and mournful day
But the mother and child reunion
Is only a motion away, oh, little darling of mine.

I can’t for the life of me
Remember a sadder day
I know they say let it be
But it just don’t work out that way
And the course of a lifetime runs
Over and over again

No I would not give you false hope
On this strange and mournful day
But the mother and child reunion
Is only a motion away, oh, little darling of mine.

I just can’t believe it’s so
Though it seems strange to say
I never been laid so low
In such a mysterious way
And the course of a lifetime runs
Over and over again

But I would not give you false hope
On this strange and mournful day
When the mother and child reunion
Is only a motion away

Oh the mother and child reunion
Is only a motion away
Oh the mother and child reunion
Is only a moment away

Songwriters: SIMON, PAUL
Mother And Child Reunion lyrics © Universal Music Publishing G

I can’t for the life of me ~ は慣用句で、「私は一生 ~できない」という表現ということです。よく使われる I just can’t 〜 と同じような感じでしょうか。

母と子どもが再会 Reunion できるのは、天国だけなんでしょうか。only a moment away ほんのちょっと先 って、そういうことなのかなあ。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。