• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・大人も学べるオンラインスクール

    おはようございます☀️マッキーです!

     

    1月13日は成人の日(Coming of Age Day)でしたね(^^)

    新成人の先輩方、おめでとうございます㊗️

     

    今日は、ニュージーランドの成人の日についてご紹介します。

     

    日本で、20歳といえば…

     

    法的に成人になり、色々な契約を親を通さずに出来るようになったり、お酒もタバコも吸える歳。

     

    成人式もありますね!

    振袖や袴、スーツなど皆さんカッコよく決めてます✨懐かしい仲間たちとも会える成人式は一大イベントですよね!大人としての自覚を認識する場でもあると思います。

     

    私は来年!(*´∇`*)楽しみです♪

     

     

     

    ニュージーランドでは…

     

    ニュージーランドでは、お酒もタバコも18歳から。

     

    じゃ、法的に成人になるのも18歳??

     

    と、思いましたが、日本と同じ20歳からです(^^)

     

    でも、成人の日の祝日や成人式はありません。

     

    誕生日に個人でお祝いします🎊

    日本と比べるとそんなに華やかさは無いかもしれません。いつものバースデーといった感じでしょうか。。

     

    20歳の誕生日よりも21歳の誕生日を盛大にお祝いします。

     

    一体、なぜ???

     

    昔の成人は21歳から

     

    今はニュージーランドで成人になるのは、20歳からですが、昔はイギリス、ドイツなど多くの国で21歳からが成人だと考えられていました。

     

    ニュージーランドも元々はそうで、1970年に法律が制定され、20歳から成人となりました。

     

    なので、21歳の誕生日には、盛大にお祝いしていたようです。

     

     

     

    プレゼント🎁

     

    その時のプレゼントは…「鍵」

    なぜ鍵かというと、

     

    〈遅く帰ってきてもいい。親を気にせず、何時に家を出入りしてもいい。〉

     

    という意味。

     

    インターナショナルの先生(ニュージーランド人)から聞きました😊

     

    今でもその習慣が残っている

     

    ニュージーランドでは、この習慣が今でも残っています。

     

    人により規模が違うのですが、21歳の誕生日には、お店やレストランを貸切ったり、お家などで、家族、親戚、友達が集まり、盛大にお祝いします🥳🎉

    その時には、「21」と書かれた大きな鍵や、鍵にまつわる何かをプレゼントするみたいですよ♪

     

    21歳のバースデーカードが目立つ!

     

    ニュージーランドで、誕生日カードなどが売っているところに行くと、21歳のお誕生日カードがやけに目立つんです!

     

    「何で20歳じゃなくて、21歳なんだろう?」

     

    と思っていましたが、そういう習慣があったからなんですね〜。

     

    知ってスッキリ✨

     

     

     

    昔の習慣から、今も20歳の誕生日より21歳の誕生日を盛大にお祝いする。

     

    文化や習慣の違いって、おもしろいですね!

     

    今日もありがとうございました🙇‍♀️❤️

     

    ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

     



    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。