• 北欧に学ぶ持続可能な世界・ワークライフハピネス・大人も学べるオンラインスクール

    おはようございます☀️

    子ども大好き❣️な、マッキーです!

     

    人間が形成されていく中で、その基礎の部分でもある幼児期。まさにその時の環境や教育って大きいですよね〜

     

    ということで、今回は、ニュージーランドで習った幼児教育という教科がどのようなものだったのか、ご紹介したいと思います♪

     

    私は、子どもが大好きで、幼児教育にも興味があったので、高校2年(year 12)と3年(year 13)のときの2年間、Early Childhood Education 略してECE(幼児教育)の教科を選択し、学んできました(^^)

    そのクラスでは、もちろん幼児教育についてのいろいろも勉強もしましたし、実際にchild care centre でも実習をしました!とっても面白くて、1番好きな教科でした〜(*´꒳`*)

     

     何より先生がステキ✨生徒にとっても寄り添ってくれる先生です♡

     

    いつも最初の5分〜10分は先生のお話🤣子どものことや飼っている猫の話などなど。面白くて、ついつい聴いちゃいます🥺

     

    私は、子育て支援員の資格も持っていて、その資格を取るために、講義を受けたのですが、国が違えば子どもについて学ぶ内容も違うな〜という印象です。同じカリキュラムではないので一概にはいえないですが、〈子どものことについての学び〉という観点は一緒なので。

     

    ニュージーランドは多民族国家。日本にはあまりない多様な文化を考えた内容になっていました(^^)

    ECEの授業の内容は…

     

    ・Newborn / Infants / Toddlers / Young Child

    新生児〜幼児の特徴

     

    ・コミュニケーション

     

    ・言語・文化

     

    ・Te Whariki(ニュージーランドのナショナルカリキュラム)

    これを元に保育を行います(^^)

     

    ・成長に合った遊び

     

    ・愛着倫理

     

    ・子どものための安全な環境

     

    ・子どもとの関わり

     

    などなど!

     

    言語・文化1つとってもやっぱり違うな〜と実感させられます。

     

    例えば…

    ニュージーランドでは、公用語が3つあります。

    3つも??と思うかもしれませんが…(^^)

    ・English    約96%
    ・マオリ語   約3.5%
    ・Sign language (手話)約0.5%

    ほとんど人は英語で話します。でも、日常にもマオリ語が結構使われていて、マオリの言葉や文化もとても大切にしているように感じました。

    「Hello!」のように使われる「Kia ora!」

    Thank you!という意味もあります。

    ニュージーランドに行かれる際はぜひ使ってみてください(^^)

     

    教室の壁にもマオリ語が貼ってあります!

     

    Identity を確立していくためには、こうした自分の国の言語や文化に触れ合うことが大事です。

    日本では、日本の伝統的な文化を大事にしながら、保育していますね(^^)七夕や豆まきなど!

    ニュージーランドでは、日本とはまた違った、〈 言語・文化 〉を知ることができました!

     

     

    1年間にするお勉強の内容は、みっちりあるわけではないので、ゆっくりじっくり進んでいきます。

     

    Super diversity なニュージーランド。

    教育を学ぶ上で、ニュージーランドの言語や文化も一緒に学びました✨

     

    ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟


    コメント一覧

    返信2020年2月6日 11:04 AM
    アバター

    candynaokogmailcom24/

    マッキーさん、とっても興味深いです😃💕🌟💕🌟 特に、 愛着倫理 について、どのようなものか、深く知りたいなあと思います。 いつもありがとうございます。

    コメントを残す

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。