• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

Kia ora! こんにちは(^^)

 

マッキーです😊

 

今日は、ニュージーランド英語〜Kiwi English〜をご紹介します!

 

ニュージーランド人は、自分達のことをKiwi(キウイ)と言います。

 

Kiwiが使う英語なので “Kiwi English”

 

ニュージーランドで使われる英語は、イギリス英語をベースにしています。綴りや使う単語などは、イギリス英語と同じことが多いです。

では、ニュージーランドで使われる綴りや単語、よく使われているフレーズや表現などをご紹介していきます!

綴り

orではなく、our

例: color  colour

 

er ではなく、re

例: center  centre

 

zeではなく、se

例: analyze  analyse

 

単語

コンビニ 

→dairy

 

ビーサン 

→jandals

 

水着 

→togs  

 

たくさん(A lot of)

→ heaps

 

BBQ(バーベキュー )

→barbie(バービー)

 

キャンディー、お菓子

→Lollies 

 

パプリカ

→capsicum 

 

〈イギリスと一緒〉

 

フライドポテト

→chips

例: Fish & Chips

アメリカだと

→french fries

 

炭酸飲料

→fizzy drinks 

アメリカだと

→Soda

 

お持ち帰り

→Take away

アメリカだと

→Take out

 

薬局

→chemist/ pharmacy 

アメリカだと

→drugstore 

 

よく使うフレーズ

ありがとう

→Cheers ・Ta

 

大丈夫、全然問題ないよ

→No worries ・All good

 

Isn’t it?/ right?/ 〜だよね?

→eh?aye?(エィ)

例: It’s cool eh?

 

OK/cool/great

→Sweet/ sweet as/ lovely

 

バスを降りる時、運転手さんに

・Thank you

・Thanks driver

と、普通に言う人もいれば、

・cheers

・Ta

と、Kiwi Englishを使う人もいます。

 

さらに、have a good dayと同じ意味の「have a good one!」と付け加えて言う人も(^^)

 

マジカルフレーズ❣️「Have a good one!」

この、「have a good one」は、カジュアルな表現ですが、とても便利です。have a good day と同じ意味なのですが、”day” を “one” にする事で、どんな状況にも当てはまります!

とりあえず、これを言えば大丈夫!という、何ともマジカルなフレーズです👏🌈✨

 

Have a good 〇〇

例えば…

・ day

・afternoon 

・evening 

・weekend 

・trip

など!!

 

誕生日の日にHave a good one!とメッセージを送るネイティブも!

 

お店の店員さんも

「See you! Have a good one 😊」

 

という感じで使っていました!

どの時間帯にも使えるので、便利です。

 

ただ、カジュアルな表現なので、フォーマルな場では使わないようが良いと思います🌟

 

韻を踏む表現

ニュージーランドでよく耳にした韻を踏む表現!

 

・Okie Dokie

これは、OKの意味です。

例えば、こんな感じで使います。

A「Can you get that, please?」

B「Okie Dokie〜!」

 

・easy peasy

簡単♪という意味です。

 

・happy tummy 

お腹いっぱいで幸せ〜☺️💕という時に使います。

 

上の2つはよく聞きました⭐️

 

美味しい!の表現

美味しいものを食べた時は…It’s delicious 😋 と表現していませんか?

 

ニュージーランドのネイティブたちは、デリシャスはあまり使っていませんでした!

ネイティブからよく聞くのは…

 

↓↓↓

 

・It’s taste good!

・(It’s )very nice!

・(it’s )Beautiful !

・(it’s)yummy!

・(it’s )yum!

 

食べ終わった後には…

 

・It was beautiful!

・I enjoyed it!

 

食べ物をBeautiful と表現するのには驚きましたが、私のホストマザーとファザーは、結構使っていました!(^^)

 

メール(text)は、暗号みたい!

特に最初、意味がわからなくて苦労したのは、ホストマザーや友達とのメールでのやり取りです。

 

例えば…

 

・How r u?

→これは、How are you?の略です。

r→are

u→you

 

urでyourになります。

 

↑これは、まだ簡単な方です。

 

・gr8

・ic

・2moro

・2nite

・cu

↑↑そのまま声に出して読んでみてください。謎が解けるかも⁉︎

・thx

・plz 

・cuz

・idk

 

これらが何の事かわかりますか?

最初はさっぱりわかりませんでした。

ちょっとわかってくるようになると、読み解けて、面白くなっていきます(^^)

 

・gr8→great

・ic →I see

・2moro→tomorrow 

・2nite→tonight

・cu→see you 

 

・thx→thanks

・plz→please 

・cuz→because 

・idk→I don’t know 

 

他にも、”to” が “2” に、”for” が “4” など数字になっていたり…

 

慣れたら、楽しく使えます😄

 

Kiwi English は、スピードが早い!

よく、ニュージーランド人が話す英語は早い!と聞きます。ホストマザーやホストファザーも、「私たちは話すスピードが早いから、わからない時は、言ってね。ゆっくり話すから!」って言っていました。

 

でも、あまり勉強もしていない+英語も聴き慣れていなかった私には、それが普通だったので、特別早いとは感じませんでした!

 

 

ニュージーランド(NZ)はイギリス英語をベースとしていますが、ニュージーランドならではのものも!

マオリ文化を大事にしているので、マオリ語をそのまま使っていることがあります。

 

例えば、今日最初に使った「Kia ora!」

これは、マオリ語の挨拶で、こんにちはの意味です。「Hello!」の方が耳にしますが、「Kia ora!」と挨拶してくれる友達もいました😊

 

あとは、さつまいものことをsweet potato ではなく、Kumaraと言います。

このようにマオリの言葉をそのまま使っていることも多いです。マオリの文化を大切にしていることが、伝わってきます(*´∀`*)

 

私が体験したKiwi English を中心に書きました。参考になれば嬉しいです😃

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟


コメント一覧

返信2020年3月12日 8:18 PM
アバター

candynaokogmailcom24/

Kiwi English なんだか親しみがわくような英語ですね😃💕🌟💕🌟 happy tummy とか可愛い〜😃 マオリの文化もたいせつにしているって、いいですね😃

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。