• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

ただの洋楽好きのオジサン ぶろっこり が、気ままにおすすめの洋楽をお届けしている 🎶今週の洋楽🎶 。今回は、ボブ・ディラン Bob Dylan をピックアップ。

今年2020年の夏に、1ヶ月にわたる超ロングランの日本公演が決定しているディランですが、コロナの影響でどうなることか心配されます。(追記 先日、中止が決まってしまいました。残念です。)

長年第一線で活動を続けていて、熱狂的なファンも多いボブ・ディランですが、私 ぶろっこり にとっては、ちよっと遠くから離れてみているという感じのアーティストかな。決して嫌いなわけじゃありませんが、毎回レコードやCDを聴くってほどのコアなファンではありません。それでも、音楽史にのこる名曲の数々は、このブログで取り上げないわけにはいかないと思います。というわけで、ファンの方には申し訳ありませんが、極私的な、ボブ・ディランの紹介です。

例によって、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を見ると

ボブ・ディラン Bob Dylanは、ユダヤ系アメリカ人のミュージシャンである。

「風に吹かれて」「時代は変る」「ミスター・タンブリン・マン」「ライク・ア・ローリング・ストーン」「見張塔からずっと」「天国への扉」他多数の楽曲により、1962年のレコードデビュー以来半世紀以上にわたり多大なる影響を人々に与えてきた。現在でも、「ネヴァー・エンディング・ツアー」と呼ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心にして活躍している。

グラミー賞やアカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしている。また長年の活動により、2012年に大統領自由勲章を受章している。そのほか、2008年にはピューリッツァー賞特別賞を、2016年10月には「アメリカ音楽の伝統を継承しつつ、新たな詩的表現を生み出した功績」を評価され、歌手としては初めてノーベル文学賞を授与されることが決定。発表からしばらく沈黙を守っていたが、同月28日に授賞を受け入れると発表した。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第18位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第7位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第2位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のソングライター」において第1位を獲得している。

「風に吹かれて」などは、「イマジン」やビートルズの代表曲などとともに日本の教科書でも取り上げられているので、きっと今の若者も聴いたことがあるはずです。

けれど、今回ピックアップするのは、個人的に好きなアルバム「スロー・トレイン・カミング Slow Train Coming 」1979年から。例のごとく、ひねくれ者です。このアルバム、賛否両論で黒歴史などと呼ばれることもありますが、私は気に入ってます。

ユダヤ教の教えで育ってきたディランが、1978年末にボーン・アゲイン・クリスチャン (Born again Christianity) の洗礼を受けたことを反映して、1979年発表の『スロー・トレイン・カミング』はボブ流のゴスペルで占められていた。『スロー・トレイン・カミング』と1980年発表の『セイヴド』、1981年発表の『ショット・オブ・ラブ』は「ゴスペル三部作」と呼ばれる。

ビルボード誌のアルバム・チャートで最高3位を記録、イギリスでは2位に達した。シングル「ガッタ・サーヴ・サムバディ」は全米24位に達し、同曲はグラミー賞ベスト・ロック・ボーカル(男性)部門を受賞。ディランの個人名義としては初のグラミー受賞となった。

なんかこのアルバムを聴いたときに、それまでのディランとはちがうスカッと抜けた感を感じたんですよね。上手く言えませんが。マッスル・ショールズのジェリー・ウエクスラー とバリー・ベケットがプロデュース、ダイアー・ストレイツのマーク・ノップラーとピック・ウィザースが参加して、ディランが「初めてプロフェッショナルなチームと制作したアルバム」と語ったそうです。なるほど、マッスル・ショールズのレッキング・クルーがきっちりとサウンドを決めて、マーク・ノップラーのギターも渋く光っています。

Side 1
ガッタ・サーヴ・サムバディ – Gotta Serve Somebody – 5:24
プレシャス・エンジェル – Precious Angel – 6:31
アイ・ビリーヴ・イン・ユー – I Believe in You – 5:09
スロー・トレイン – Slow Train – 5:58
Side 2
ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング – Gonna Change My Way of Thinking – 5:28
ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー – Do Right to Me Baby (Do Unto Others) – 3:53
ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ – When You Gonna Wake Up – 5:29
マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ – Man Gave Names to All the Animals – 4:27
ホェン・ヒー・リターンズ – When He Returns – 4:32

Gotta Serve Somebody アルバムの最初の曲。動画はオーダブルですが、歌詞も選択できますので、お好きな言語でお聞き下さい。

Bob Dylan – Gotta Serve Somebody (Audio) 1979

当時のライブ・ヴァージョン

Gotta Serve Somebody (Live at the Grammy Awards Ceremony, 1980)

 

Gotta Serve Somebody Bob Dylan 1979

You may be an ambassador to England or France
You may like to gamble, you might like to dance
You may be the heavyweight champion of the world
You may be a socialite with a long string of pearls
But you’re gonna have to serve somebody, yes
Indeed you’re gonna have to serve somebody
Well, it may be the devil or it may be the Lord
But you’re gonna have to serve somebody

You might be a rock ‘n’ roll addict prancing on the stage
You might have drugs at your command, women in a cage
You may be a business man or some high-degree thief
They may call you doctor or they may call you chief
But you’re gonna have to serve somebody, yes you are
You’re gonna have to serve somebody
Well, it may be the devil or it may be the Lord
But you’re gonna have to serve somebody

You may be a state trooper, you might be a young Turk
You may be the head of some big TV network
You may be rich or poor, you may be blind or lame
You may be living in another country under another name
But you’re gonna have to serve somebody, yes you are
You’re gonna have to serve somebody
Well, it may be the devil or it may be the Lord
But you’re gonna have to serve somebody

You may be a construction worker working on a home
You may be living in a mansion or you might live in a dome
You might own guns and you might even own tanks
You might be somebody’s landlord, you might even own banks
But you’re gonna have to serve somebody, yes
You’re gonna have to serve somebody
Well, it may be the devil or it may be the Lord
But you’re gonna have to serve somebody

You may be a preacher with your spiritual pride
You may be a city councilman taking bribes on the side
You may be workin’ in a barbershop, you may know how to cut hair
You may be somebody’s mistress, may be somebody’s heir
But you’re gonna have to serve somebody, yes
You’re gonna have to serve somebody
Well, it may be the devil or it may be the Lord
But you’re gonna have to serve somebody

Might like to wear cotton, might like to wear silk
Might like to drink whiskey, might like to drink milk
You might like to eat caviar, you might like to eat bread
You may be sleeping on the floor, sleeping in a king-sized bed
But you’re gonna have to serve somebody, yes
Indeed you’re gonna have to serve somebody
Well, it may be the devil or it may be the Lord
But you’re gonna have to serve somebody

You may call me Terry, you may call me Timmy
You may call me Bobby, you may call me Zimmy
You may call me R.J., you may call me Ray
You may call me anything but no matter what you say
Still, you’re gonna have to serve somebody, yes
You’re gonna have to serve somebody
Well, it may be the devil or it may be the Lord
But you’re gonna have to serve somebody

提供元: LyricFind
ソングライター: Bob Dylan
Gotta Serve Somebody 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC, Audiam, Inc

 

Slow Train SideAの最後の曲。希望と喜びを感じるのは私だけではないと思います。スロー・トレインとは、もちろん救世主キリストのことでしょう。ゴスペルっぽいサウンドが高揚感をかきたててくれます。

Bob Dylan – Massey Hall Toronto 1980 – Slow Train Coming

 

Slow Train Bob Dylan 1979

Sometimes I feel so low-down and disgusted
Can’t help but wonder what’s happenin’ to my companions
Are they lost or are they found?
Have they counted the cost it’ll take to bring down
All their earthly principles they’re gonna have to abandon?
There’s a slow, slow train comin’ up around the bend
I had a woman down in Alabama
She was a backwoods girl, but she sure was realistic
She said, “Boy, without a doubt, have to quit your mess and straighten out
You could die down here, be just another accident statistic”
There’s a slow, slow train comin’ up around the bend
All that foreign oil controlling American soil
Look around you, it’s just bound to make you embarrassed
Sheiks walkin’ around like kings, wearing fancy jewels and nose rings
Deciding America’s future from Amsterdam and to Paris
And there’s a slow, slow train comin’ up around the bend
Man’s ego is inflated, his laws are outdated, they don’t apply no more
You can’t rely no more to be standin’ around waitin’
In the home of the brave, Jefferson turnin’ over in his grave
Fools glorifying themselves, trying to manipulate Satan
And there’s a slow, slow train comin’ up around the bend
Big-time negotiators, false healers and woman haters
Masters of the bluff and masters of the proposition
But the enemy I see wears a cloak of decency
All non-believers and men-stealers talkin’ in the name of religion
And there’s a slow, slow train comin’ up around the bend
People starving and thirsting, grain elevators are bursting
Oh, you know it costs more to store the food than it do to give it
They say lose your inhibitions, follow your own ambitions
They talk about a life of brotherly love
Show me someone who knows how to live it
There’s a slow, slow train comin’ up around the bend
Well, my baby went to Illinois with some bad-talkin’ boy she could destroy
A real suicide case, but there was nothin’ I could do to stop it
I don’t care about economy, I don’t care about astronomy
But it sure do bother me to see my loved ones turning into puppets
There’s a slow, slow train comin’ up around the bend

提供元: LyricFind
ソングライター: Bob Dylan
Slow Train 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC

個人的に、気に入っているのは、Side 2 の4曲目 Man Gave Names to All the Animals 。かわいい歌です。

Man Gave Names To All The Animals Bob Dylan 1979

Man gave names to all the animals
In the beginning, in the beginning.
Man gave names to all the animals
In the beginning, long time ago.
He saw an animal that liked to growl,
Big furry paws and he liked to howl,
Great big furry back and furry hair.
“Ah, think I’ll call it a bear.

Man gave names to all the animals
In the beginning, in the beginning.
Man gave names to all the animals
In the beginning, long time ago.
He saw an animal up on a hill
Chewing up so much grass until she was filled.
He saw milk comin’ out but he didn’t know how.
“Ah, think I’ll call it a cow.”

Man gave names to all the animals
In the beginning, in the beginning.
Man gave names to all the animals
In the beginning, long time ago.
He saw an animal that liked to snort,
Horns on his head and they weren’t too short.
It looked like there wasn’t nothin’ that he couldn’t pull.
“Ah, think I’ll call it a bull.”

Man gave names to all the animals
In the beginning, in the beginning.
Man gave names to all the animals
In the beginning, long time ago.
He saw an animal leavin’ a muddy trail,
Real dirty face and a curly tail.
He wasn’t too small and he wasn’t too big.
“Ah, think I’ll call it a pig.”

Man gave names to all the animals
In the beginning, in the beginning.
Man gave names to all the animals
In the beginning, long time ago.
Next animal that he did meet
Had wool on his back and hooves on his feet,
Eating grass on a mountainside so steep.
“Ah, think I’ll call it a sheep.”

Man gave names to all the animals
In the beginning, in the beginning.
Man gave names to all the animals
In the beginning, long time ago.
He saw an animal as smooth as glass
Slithering his way through the grass.
Saw him disappear by a tree near a lake . . .

提供元: LyricFind
ソングライター: Bob Dylan
Man Gave Names to All the Animals 歌詞 © Audiam, Inc

聖書の物語をモチーフにした歌詞で、絵本もつくられたというこの曲、ジェイソン・ムラーズ Jason Mraz も2008年にカヴァーしています。

Man Gave Names to All the Animals (From the Gospel Collection Sessions) 2008

 

いかがでしたか。意外とこの時期のディランも、人気があるんですよね。気に入っていただけたら、他の曲もどうぞ。

 

それでは、また。#96

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。