• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2017年公開、ジョーダン・ピール監督の映画『ゲット・アウト』です。

 

 

ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招かれる。歓待を受けるが、黒人の使用人がいることに違和感を覚え、さらに庭を走り去る管理人や窓に映った自分を凝視する家政婦に驚かされる。翌日、パーティーに出席した彼は白人ばかりの中で一人の黒人を見つける。古風な格好をした彼を撮影すると、相手は鼻血を出しながら、すさまじい勢いでクリスに詰め寄り……。

恋人の実家を訪ねた黒人の青年が、そこで想像を絶する恐怖を体験する。メガホンを取るのはコメディアンのジョーダン・ピール。『Chatroom/チャットルーム』などのダニエル・カルーヤ、ドラマシリーズ「GIRLS/ガールズ」などのアリソン・ウィリアムズらが出演する。

 

 

アメリカ社会に根深く残る人種差別をテーマに本格ホラーサスペンスに消化した作品。公開当時はあまりにも衝撃的なストーリーは話題になりました。

物語冒頭はとても意味深なシーンで始まります。その後の穏やかなシーンであっても導入部の意味深さが尾を引き衝撃的な結末に繋がっていきます。

タイトルにもある通り「ゲットアウト(出ていけ!)」とでも言われているような、どこか居心地の悪い彼女の実家に不信感を抱くクリスの視点でスリルを味わうことができる作品です。

はM・ナイト・シャマラン監督作品を彷彿とさせるあっと驚く後半部分は映画史に残る衝撃的展開です。絶妙に練られた見事な脚本や伏線が秀逸な傑作です。ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。