• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

ただの洋楽好きのオジサン ぶろっこり が、気ままにおすすめの洋楽をお届けしている 🎶今週の洋楽🎶 。

春めいてきた時期ですので、今回は、ロジャー・ニコルス Roger Nichols & The Small Circle of Friends の「ドリフター Drifter 」をピックアップしました。

ご存じの方も多いと思いますが、ロジャー・ニコルス Roger Nichols は、アメリカのミュージシャン。というより、ソングライターとしての方が有名なひと。元は俳優でシンガーソングライターのポール・ウィリアムズ Paul Williams と組んで、カーペンターズ Carpenters の「愛のプレリュード We’ve Only Just Begun 」や「雨の日と月曜日は Rainy Days and Mondays 」やスリー・ドッグ・ナイト Three Dog Night の「オールド・ファッションド・ラブ・ソング An Old Fashioned Love Song 」などのヒット曲、いわゆるソフトロックの名曲を数多く作曲しています。
しかし、日本ではちょっと違うんですね。それが、このアルバムです。

ロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ
Roger Nichols & The Small Circle of Friends 1968

ロジャー・ニコルスは1967年にロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズを結成して、このアルバムと、7枚のシングルを発表しましたがまったく売れず、すぐに解散。日本では発売もされませんでした。ところが、10年以上たって、このアルバム「Roger Nichols & The Small Circle of Friends」が日本で世界初CD化されるや、爆発的な人気が出ます。いわゆる「ロジャニコ現象」なる大ブームが起きて、数万枚も売れたといいます。そして、80年代のピチカート・ファイヴなどの渋谷系音楽に多大な影響を与えることとなりました。そのため、このアルバムはソフトロックの伝説的な作品「聖典」とまで呼ばれています。

それにしても50年以上前の曲なのに、色あせない美しさ、まさにエバーグリーンな輝きです。シンプルで美しいメロディ、なめらかなコード進行、爽やかなハーモニー、完成度の高いサウンド、ソフトロックの「聖典」と呼ばれるのも頷けます。

オリジナルのレコードは、ビートルズやバカラック、キャロル・キング、ラヴィン・スプーンフルのカヴァーを含めた12曲。CDでは、シングル・レコードがボーナストラックとなって追加されました。

 1. Don’t Take Your Time
  2. With A Little Help From My Friends
  3. Don’t Go Breaking My Heart
  4. I Can See Only You
  5. Snow Queen
  6. Love So Fine
  7. Kinda Wasted Without You
  8. Just Beyond Your Smile
  9. I’ll Be Back
  10. Cocoanut Grove
  11. Didn’t Want To Have To Do It
  12. Can I Go
  13. Our Day Will Come
  14. Love Song, Love Song
  15. Just Beyond Your Smile (Single Version)
  16. I’ll Be Back (Single Version)
  17. Let’s Ride
  18. The Drifter
  19. Trust
  20. St. Bernie the Sno-Dog

 

山下達郎氏 曰く「この曲嫌いな日本人はいないだろう」。たとえば、アルバムの1曲目「Don’t Take Your Time」。少なくとも、カーペンターズやパカラックが好きならば、きっと気に入ってもらえると思います。※この記事は、「山下達郎のサンデー・ソングブック ロジャー・ニコルス特集 2007å¹´04月」と「カーペンターズのヒットを作った男~ロジャー・ニコルスの軌跡 濱田高志 2015å¹´01月 NHK 」を聞きながら書いております。(^_^) ラジオが好きですね。もちろん録音ですが。

Don’t Take Your Time Roger Nichols & The Small Circle of Friends

そして、アルバムの後にシングルとして発表したこの曲「ドリフター Drifter 」もCD化の時ボーナストラックで収録され、彼らの代表曲となりました。そして、なんと40年ぶりにグループを再結成し、セカンドアルバム「Full Circle」(2008年)をリリース!その中で、この曲のみリメイクされて収録されています。ですから、この曲はふたつのバージョンがあります。

Drifter Roger Nichols & The Small Circle of Friends 1968

Once again
There’s a feeling inside of me
Nothing new
I’ve felt it before
Like the voice of hunger
Inside of me crying out
There’s got to be more
I’ll put my faith
In the arms of an open road
And you can come along
If you choose
‘Cause there’s places
That I’ve never been to
Sunsets to be ridden into
Not a lot I can do
But give in to the drifter
There’s a drifter in me
Though I’ve tried it
I’m just not a settler
And nine to five
Don’t make it with me
Why deny it
It makes me feel better
To come alive
And prove that I’m free
I wear no chains
And I carry no heavy load
So much to gain
And nothing to lose
‘Cause there’s places
That I’ve never been to
Sunsets to be ridden into
Not a lot I can do
But give in to the drifter
There’s a drifter in me
提供元: Musixmatch
ソングライター: Paul H. Williams / Roger S. Nichols
ザドリフター 歌詞 © Irving Music, Inc.

旅行会社のCMに使われたと言うだけ合って、旅情をさそうような歌詞になっています。納得いくような訳が見つからないので、勝手な「ぶろっこり 訳」です。すみません (^_^)

The Drifter 放浪者

またまた 私の中に この気持ちを 感じる
初めてではなく 前にも感じたことのあるこの気持ち
まるで空腹をつげる声のように 心の中で叫んでいる
そして その声は どんどん強くなる

どこまでも続く路の上にあるもの 私はそれを信じよう
もしも よかったら 君も一緒に来ないか

まだ行ったことのない 場所があるから
沈む夕陽を 追いかける
僕にできることは多くないけど
旅したい想いに駆られる
僕の中には Drifter 放浪者 がいる

落ち着いた生活を試してみてもダメ
九時五時のきまった仕事もつづきはしない
生きがいを感じることができて
自由になることが約束されているのに
どうして行かずにいれるだろう

鎖に縛られてもいないし 重荷も無い
だから得るものはあっても
失うものは何もないんだ

まだ行ったことのない 場所があるから
まだ見たことのない 夕陽を探して
僕にできることは多くないけど
旅したい想いに駆られる
僕の中には Drifter 放浪者 がいる

 

うーん。若々しい想いにあふれた歌詞ですね。うらやましい。

セカンド・アルバムのセルフ・カヴァー ヴァージョン。
The Drifter Roger Nichols & The Small Circle Of Friends album “Full Circle” 2008

こちらが、ファーストアルバムのヴァージョン。
The Drifter Roger Nichols & the Small Circle of Friends album“Roger Nichols & The Small Circle of Friends” 1968

エンディングがぶっつりと終わっているのは、もともとデモ・テープを使用しているから。えっ、これがデモ。完成度高すぎる。この曲が初めてレコードになって世に出たのは、ハーパース・ビザール Harpers Bizarre のアルバム「Secret Life of Harpers Bizarre」(1968年) のようです。

高野寛の日本語詞も雰囲気でています。
The Drifter 高野寛

アルバム全部聴いていただきたい曲ばかりですが、人気の高い曲をもう一つ。ビートルズのカヴァーですが、いい仕上がりになっています。
With A Little Help From My Friends      Roger Nichols & The Small Circle Of Friends

春らしい爽やかな曲は、この時期にピッタリですね。ご視聴ありがとうございました。
次回も、ロジャー・ニコルスに関連した曲で攻めたいと思います。

 

それでは、また。#97

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。