• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2017年公開、エドガー・ライト監督の映画『ベイビー・ドライバー』です。

 

 

幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫る。

『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などで知られる天才映画監督エドガー・ライトが贈るクライムアクション超大作。『ダイバージェント』シリーズなどのアンセル・エルゴート、テレビシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などのケヴィン・スペイシー、『Ray/レイ』などのジェイミー・フォックスらが出演。主人公のユニークなキャラクター、迫力満点のカーアクションに注目。

 

 

映画には欠かせない挿入曲なんとも最高な痛快カーアクション作品です。史上最高のコメディ映画『ホット・ファズ』のエドガー・ライトが監督ということもありハイテンポな話運びとハイセンスな選曲のザ・娯楽作に仕上がっています。

スマートでアクロバティックな赤のインプレッサWRCを使用したカーアクションシーンは実に引き込まれます。後半はかなり激しめな銃撃戦やバトルシーンも目白押しです。

挿入曲はなんと驚異の30曲!サイモン&ガーファンクルの懐かしの名曲から最近のポップスまで様々な音楽が飛び交います。

映画好きも音楽好きもうならせる最高の作品です。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。