• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2012年公開、吉田大八監督の映画『桐島、部活やめるってよ』です。

 

 

とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で最も人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。

人気作家朝井リョウのデビュー作を映画化。ある高校の人気者桐島が部活をやめるという知らせにより少しずつ変化していく学生たちの人間関係をオムニバス形式で描いた青春群像劇。神木隆之介、橋本愛など豪華俳優陣も共演。

 

 

この映画、まず驚くのがポスターにでかでかと映る神木隆之介くんが桐島役ではないというところ。(前知識が無かったら完全に桐島=神木隆之介と思ってしまいます。)

非の打ちどころが無い桐島の存在が創り出す複雑な人間関係を、生々しく、時に残酷に描く青春群像劇の傑作です。登場人物一人一人の視点で描かれる同じ金曜日が、ありふれた高校生活に潜む嫉妬や葛藤、コンプレックス、淡い恋心などを映し出していきます。神木隆之介演じる映画部部長の前田もクラスでは目立たない存在であったはずが、桐島の不在によって少しずつ複雑な人間関係に巻き込まれていきます。群像劇ならではの演出で高校生たちの会話や雰囲気がとんでもなくリアルに描かれています。

個人的には、映画への情熱がたびたび爆発する前田くんの姿は特に印象的でした。周りを気にせず情熱を傾けられる存在があることの素晴らしさを感じさせてくれます。

言葉では説明しづらい情緒的な良さがにじみ出る名作です。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。