• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

英語嫌いな先生たち

先日、小・中・高校の先生たちのサークルで、

(注❗️英語の先生たちではありません)

「数えられない名詞・数えられる名詞」の教え方を発表したときに、

ものすごい気づきがありました❗️

 

発表する前の私の予想

「英語科ではない、立場から

。。。。って言う感じで説明すると分かりやすいと思いますよ。」

という意見をたくさんもらえる。

 

ところが、

ところが、

もう、それ以前の段階でした❗️

 

 

なんと、

真っ向から、英語に対する拒絶感を感じました。

 

何のために「数えられる名詞」「数えられない名詞」を教えるの?

まさかの質問!

不可算名詞

可算名詞

という文法項目に沿って教えて言っていただけなので、

これは、深い深い質問でした。

 

でも、その質問の陰には(その質問の真意は)

 

 

「文法大嫌い」でした。

 

 

特に高校生になってから英語嫌いになった

という自分の英語学習ヒストリーを語る先生方もいて、

特に、小学校の先生は、

「どうして英語科でもないのに、英語を教えなければならないんだ」

という怒りもぶつけてこられました。

 

先生たちでさえ、英語嫌いなんだから、

英語嫌いな人は多いのだろうなあと、

あらためて、実感しました。

 

学んだのは、英語を好きになる授業をするのがむずかいいということです。

英語に自信がないことが英語嫌いに

日本の教育は、○❌️式の教育なので、

英語も間違えて話すと❌️なのです。

 

なので、❌️をもらうたびに自信を無くして、英語が嫌いになっていくという仕組みです。

 

また、英語そのものを楽しんで学ぶのではなく、

テストのための英語、

これも英語嫌いを生む原因です。

 

 

このサークルでの先生方の反応は、私に大切なことを教えてくれました。

 

楽しい英語

自分も英語を楽しむ。

楽しい英語を教える。

その道をひたすら歩んでいこうという決意です😃💕🌟💕🌟

 

洋楽

洋書

映画

 

英語の楽しさの宝物はたくさん😃💕🌟💕🌟

 

これからも、皆さんに楽しい英語をシェアさせていただきます😃💕🌟💕🌟



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。