• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

皆様こんにちは。毎週おすすめ映画をご紹介いたします小西です。

本日ご紹介するのは2006年公開、スパイク・リー監督の映画『インサイド・マン』です。

 

 

マンハッタンの銀行で強盗事件が発生し、犯人グループのリーダー、ダルトン(クライブ・オーウェン)は人質を取って銀行に立てこもってしまう。現場に急行した捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)は事件発生から7時間経っても行動を起こさない犯人たちに対し、時間稼ぎをしているのではないかとの疑問を抱き始める。

銀行強盗グループと事件解決に向けて奔走する捜査官、そして現場に駆けつけた女性交渉人らの心理戦を描いたサスペンス。監督は『25時』のスパイク・リーが務め、監督とは『マルコムX』以来2度目のタッグを組んだデンゼル・ワシントンが主人公の捜査官にふんする。銀行強盗をクライブ・オーウェン、交渉人をジョディ・フォスターが演じ、ハリウッドを代表する演技派たち豪華キャストの手に汗握る演技合戦が見どころ。

 

 

完璧なまでに綿密に練られた華麗な銀行強盗の一部始終を描いた作品です。素晴らしい脚本により犯人側と警察側の手に汗握る頭脳戦も描かれます。犯人たちの意味不明な行動の連続と全く目的を明かさないスタンスで、最後まで全く先が読めない展開は最高です。衝撃のラストを目の当たりにしたのち、真に「インサイド・マン」というタイトルの意味が分かるつくりも見事です。

ハラハラドキドキの頭脳戦をお求めの方は是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。



コメント一覧

返信2020年7月12日 9:33 AM
アバター

ねこ24/

最近、トレーラーがないので寂しいなあ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。