• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

本日紹介するのは2017年公開、ダニー・ボイル監督の映画『T2 トレインスポッティング』。

 

 

かつてレントン(ユアン・マクレガー)は、麻薬の売買でつかんだ大金を仲間たちと山分けせずに逃亡した。彼が20年ぶりに故郷スコットランドのエディンバラの実家に戻ってみるとすでに母親は亡くなっており、父親だけが暮らしていた。そして悪友たちのその後が気になったレントンが、ジャンキーのスパッド(ユエン・ブレムナー)のアパートを訪ねると……。

前作から20年後を舞台に20年前と同じ監督、脚本をはじめユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライルなどのキャストも再集結した完全なる続編。

 

 

前作からリアルに20年が経ち時間の重みを感じる続編『T2 トレインスポッティング』。それぞれの20年間を過ごしたレントンたちの再開から物語は始まる。舞台のエディンバラは再開発により大きく様変わりし時の流れを実感させる。しかしオッサンになっても相変わらず過去に生きる時代遅れなレントンとシックボーイ。状況や時代が大きく変わってもクズなままの4人がとても愛おしくなってしまう作品。

今作も音楽が素晴らしい。新旧両方の名曲を取りそろえたサウンドトラックは20年を隔てた続編を彩るのにふさわしいラインナップ。
前作とは全く異なるテーマで描かれた「トレインスポッティング」の世界を体感してみては?

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。