• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

ビートルズ The Batles のファースト・アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー Please Please Me 」には「ベイビー・イッツ・ユー Baby It’s You 」と「ボーイズ Boys 」というシュレルズ The Shirelles のカヴァーが2曲も収められています。ということで、今回は、2曲まとめてピックアップ。

ジョン・レノンのセクシーなヴォーカルとコーラスが切ないナンバー。ライブのレパートリーだったそうです。

Baby It’s You

 

Baby It’s You The Beatles 1963

Sha-la-la-la-la-la-la
Sha-la-la-la-la-la-la
Sha-la-la-la-la-la-la
Sha-la-la-la-la
It’s not the way you smile that touched my heart
(Sha-la-la-la-la)
It’s not the way you kiss that tears my apart
But, oh, many many many nights go by
I sit alone at home and cry over you
What can I do, can’t help myself
‘Cause, baby, it’s you (sha-la-la-la-la-la-la)
Baby, it’s you (sha-la-la-la-la-la-la)
(Sha-la-la-la-la)
You should hear what they say about you (cheat, cheat)
(Sha-la-la-la-la)
They say, they say you never never ever been true (cheat, cheat)
Wo ho, it doesn’t matter what they say
I know I’m gonna love you any old way
What can I do, then it’s true
Don’t want nobody, nobody
‘Cause, baby, it’s you (sha-la-la-la-la-la-la)
Baby, it’s you (sha-la-la-la-la-la-la)
Wo ho, it doesn’t matter what they say
I know I’m gonna love you any old way
What can I do, then it’s true
Don’t want nobody, nobody
‘Cause, baby, it’s you (sha-la-la-la-la-la-la)
Baby, it’s you (sha-la-la-la-la-la-la)
Don’t leave me all alone (sha-la-la-la-la-la-la)
Come on home (sha-la-la-la-la-la-la)

提供元: LyricFind
ソングライター: Burt F. Bacharach / Mack David / Barney Williams / Burt Bacharach / David Mack
Baby It’s You (Remastered 2009) 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner Chappell Music, Inc

ビートルズのカバー・バージョンの歌詞です。オリジナルと異なります。

内容は、こんな感じだと思います。ぶろっこり訳

私のハートを捉えたのは 貴方の微笑みじゃないの
私の胸を引き裂くのは 貴方のキスでもないわ

幾晩も幾晩も幾晩も
ひとりぽっちで家に座って 貴方を思って泣くの
どうしたら良い
どうにもならない
ベイビー 貴方なの
ベイビー 貴方しかないの

 

オリジナルは、シュレルズ Shireles で全米シングル・チャートのトップ10入りの大ヒット「Baby It’s You」1961年。作曲はバート・バカラック、作詞はルーサー・ディクスン (バーニー・ウィリアムズはペンネーム) とマック・デヴィッド。うーむ。バカラックですか。好きなんですよね ぶろっこり。こんな頃から、活躍してたんですね。

 

さて、もう1曲は、「ボーイズ Boys」アルバムの5曲目、リンゴがリードボーカルをとっています。やっぱかわいい リンゴ。

オーソドックスなロックンロールですが、イントロがかっこいい。さすがビートルズってなっちゃいます。

The Beatles Boys (Remastered 2009)

Boys  The Beatles  1963

I been told when a boy kiss a girl
Take a trip around the world
Hey, hey (bop shuop, m’bop bop shuop)
Hey, hey (bop shuop, m’bop bop shuop)
Hey, hey (bop shuop), yeah, she say ya do (bop shuop)
My girl says when I kiss her lips
Gets a thrill through her fingertips
Hey, hey (bop shuop, m’bop bop shuop)
Hey, hey (bop shuop, m’bop bop shuop)
Hey, hey (bop shuop), yeah, she say ya do (bop shuop)
Well, I talk about boys (yeah, yeah, boys)
Don’t ya know I mean boys (yeah, yeah, boys)
Well, I talk about boys, now (yeah, yeah, boys)
Aah, boys (yeah, yeah, boys)
Well, I talk about boys, now (yeah, yeah, boys)
What a bundle of joy! (yeah, yeah, boys)
(Alright, George!)
My girl says when I kiss her lips
Gets a thrill through her fingertips
Hey, hey (bop shuop, m’bop bop shuop)
Hey, hey (bop shuop, m’bop bop shuop)
Hey, hey (bop shuop), yeah, she say ya do (bop shuop)
Well, I talk about boys (yeah, yeah, boys)
Don’t ya know I mean boys (yeah, yeah, boys)
Well, I talk about boys, now (yeah, yeah, boys)
Aah (yeah, yeah, boys)
Well, I talk about boys, now (yeah, yeah, boys)
What a bundle of joy! (yeah, yeah, boys)
Oh, oh, ah yeah boys (yeah, yeah, boys)
Don’t ya know I mean boys? (yeah, yeah, boys)
Ooh, boys (yeah, yeah, boys)
Ah ha (yeah, yeah, boys)
Well, I talk about boys now

提供元: LyricFind
ソングライター: Luther Dixon / Wes Farrell
Boys (Remastered 2009) 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC

THE SHIRELLES – BOYS

こちらの内容も、思わずにっこりするようなかわいい歌詞です。ぶろっこり訳です。

女の子とキスをすると
世界を駆け巡るような気持ちになる
ヘイ ヘイ、ヘイ ヘイ、ヘイ ヘイ
そう言ってた

僕とキスをすると
指先までしびれるって 彼女は言っていた
ヘイ ヘイ、ヘイ ヘイ、ヘイ ヘイ
彼女がそう言ったんだ

これは男の子の話
男の子はそんな感じなんだよ
ボーイズ・トークさ
男の子どうしで
話をしているんだ
なんてたのしいんだ

ガールズ・グループのシュレルズの歌なので、本当はガールズ・トークをテーマにしているのですが、男の子目線に変えたため内容がちょっとおかしくなってしまってます。(^_^)

作詞作曲は、ルーサー・ディクソンとウェズ・ファレル。ぶろっこりが好きなあの「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」のB面でした。1960年発売。

このシリーズ、なんか聞いたことあるなって思った方も多かったんじゃないでしょうか。ぶろっこり も、たのしかったです。

まだまだビートルズにはたくさんのカヴァー曲がありますが、もう夏休みも終わりですので、とりあえず夏休みSPは今回でお仕舞いにします。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#131

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。