• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回は、「クレア Clair 」ギルバート・オサリバン Gilbert O`Sullivan をピックアップ。

イギリスのシンガーソングライター、ギルバート・オサリバンの世界的な大ヒット曲「アローン・アゲイン(ナチュラリー)Alone Again – Naturally」(1972å¹´) に続いてリリースされた曲。こちらもビルボードシングルチャートとイージー・リスニング・チャートで計6週1位を獲得するヒットとなり、日本でもオリコン洋楽シングルチャートで5週連続1位を獲得しています。

オサリバンは、プロデューサー・マネージャーのゴードン・ミルズ Gordon Mills の末っ子クレア・ミルズをときどき子守していたそうで、そのときのことを歌っています。日本版のシングルに、「恩人ゴードン・ミルズの3才の娘、クレアちゃんへの心あたたまる愛の歌!」とのコピーが。歌詞の中に「レイおじさん、結婚してね!」という部分がありますが、レイモンドはギルバートの本名です。

「アローン・アゲイン(ナチュラリー)Alone Again – Naturally」もそうですが、ギルバートの歌詞は結論を最後にもってくるので、歌詞を聴いただけでは全体の意味がつかみにくいものが多いです。この曲も、普通のラブソングのようですが、最後に女の子のケラケラと笑う声が聞こえることで、実は幼い子に向けた歌だったというオチですね。その声も実際のクレアのものらしいです。成長したクレア本人の「彼(ギルバート·オサリバン)は、とても親切でラブリーな男性であり、私が今日に至っても尊敬し続けている人です。」というコメントが微笑ましい。

そんな御託はさて置いても、アローン・アゲインよりも好きという人も多い素晴らしい曲。結構凝った曲なんですが、そんなことを感じさせないハートウォーミングでエバーグリーンなメロディが人気の秘密かもしれません。

 

Clair Gilbert O`Sullivan 1972
Clair
The moment I met you, I swear
I felt as if something, somewhere
Had happened to me
Which I couldn’t see
And then, the moment I met you, again
I knew in my heart
That we were friends
It had to be so
It couldn’t be no
But try as hard as I might do
I don’t know why
You get to me in a way
I can’t describe
Words mean so little
When you look up and smile
I don’t care what people say
To me you’re more than a child
Oh, Clair
Clair
Clair
If ever a moment so rare
Was captured for all to compare
That moment is you
In all that you do
But why in spite of our
Age difference do I cry
Each time I leave you
I feel I could die
Nothing means more to me
Than hearing you say
I’m going to marry you
Will you marry me, Uncle Ray?
Oh, Clair
Clair
Clair
I’ve told you before
Don’t you dare
Get back into bed
Can’t you see that it’s late
No you can’t have a drink
Oh all right then
But wait just a minute
While I, in an effort to babysit
Catch up on my breath
What there is left of it
You can be murder
At this hour of the day
But in the morning the sun
Will see my lifetime away
Oh, Clair
Clair
Oh, Clair
提供元: Musixmatch
ソングライター: O Sullivan Raymond / O Sullivan Gilbert
Clair 歌詞 © One4you Music, Grand Upright Music Ltd

こちらに 日本語訳付きがありましたので、訳の参考にして下さい。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#146

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。