• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

気になったニュースをシェアします。

現在、タイでは2014年にクーデターで権力を掌握した軍事政権への抗議デモが続いていることは、ニュースでも報じられています。けれども、それに混じって中学生・高校生もデモに参加していることはご存じでしょうか?

日本でも、ブラック校則が話題になりましたが、実は微笑みの国タイでも非常に厳しい校則があり、たくさんの中学生・高校生が校則にたいする抗議のためデモに参加しているそうです。そして、それに対して教育大臣もしっかりと対応したとのことです。学生の思いがちゃんと伝わるのか、楽しみです。

デモでなどで自分の考えを表すのは、民主主義の精神でもありますよね😃💕🌟💕🌟

教師によって髪を切られる女子生徒…高校生が厳しい校則に抗議デモ【タイ】

教師によって髪を切られる女子生徒…高校生が厳しい校則に抗議デモ【タイ】

タイでは現在、反政府デモが行われているが、同時に高校生たちによる校則に対するデモも行われた。

教育大臣のオフィスを取り囲む

8月19日、数百人に及ぶ高校生らが、自分たちの気持ちを知ってもらおうと、首都バンコクにあるNataphol Teepsuwan教育大臣のオフィスを取り囲んだという。

約400人に及ぶ高校生らは制服を着て、白いリボンを付け、3本指を立てて抗議の声を上げたそうだ。

実際、バンコクでは校則が厳しいらしく、ツイッターにも先日、不適切な髪の長さをしているという理由から、15歳の女子生徒が皆の前で、教師によって髪を切られる様子も投稿された。

大臣は生徒の話に耳を傾ける

生徒たちは現在の厳しい校則の現状を訴え、変わらないことに抗議の声を上げたという。

やがてTeepsuwan教育大臣と補佐官が姿を現した時、生徒たちの中から喝采が湧き上がったそうだ。

その後、教育大臣は指示されたとおりに、学生のグループの一番奥まで行き、そこで座っている人たちに辛抱強く耳を傾け、彼らの不満を書き留めたとか。

タイでは目上の人に敬意を示すような教育が行われているため、Teepsuwan教育大臣の対応は驚きをもって受け止められたという。

軍事政権への抗議デモ

そして高校生たちのデモも、この反政府デモに呼応したものでもあり、軍事クーデターが起きた際、大学生が抗議活動を行ったが、それを見習ったものとも言われている。

また人差し指と中指、薬指の3本を突き立てるのは、映画『ハンガーゲーム』で使われた抵抗のサインで、現在の反政府デモでも使われているそうだ。(了)

 

タイの学生の行動力、素晴らしいです😃💕🌟💕🌟

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟
この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。