• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

「2020年までに指導的地位に女性が占める割合が少なくとも30%程度」という政府目標が、小泉純一郎内閣時代の2003年6月にかかげられました。「女性活躍推進」は、安倍政権の看板政策の一つでもありましたね。

今年、その目標とする年を迎えましたが、達成は絶望的。

政府は新たに目標を先送りするというニュースを目にしました。

目標達成年限は「30年までの可能な限り早期」に繰り延べされるとか。

17年かかっても実現できないどころか、企業の女性管理職比率は18年度11.8%(厚生労働省「雇用均等基本調査」)。

 

 

日本のジェンダーギャップは国際的に見ても格差が大きい状態です。

世界経済フォーラムによる「Global Gender Gap Report 2020」では、

日本は、100位以下(144カ国中)が続いています。

ここ10年間下がり続けているのです。

一体なぜ?

みなさんは、なにが原因だと思われますか。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。