• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今年最後の回は、ヘム HEMの「ラビット・ソング Idle (The Rabbit Song) 」と「ディパーチャー・アンド・フェアウェルDeparture & Farewell」をピックアップ。

ぶろっこり も、どこでこのグループの歌を知ったかよく覚えていないのですが、おそらくApple Music か Amazon Music のおすすめだったと思います。全然派手でもないし、飛び抜けて美しいというわけではありませんが、ゆったりと心にしみる感じがします。全体的に、静かな曲というより、静けさを秘めた曲といった方がいいのでしょうか。うまく表現できませんが、大晦日に、今年1年を振り返りながら聞いていただきたいと思います。

ヘム HEM というグループには、日本語のWiki もありません。ぶろっこりも詳しいことは知りません。調べていて参考になったのは、Amazon の moondogさんのレビューくらい。ほとんど情報がありませんでした。

5つ星のうち5.0 American Traditional Folkの傑作!

ニューヨークを拠点とするトラディッショナル・フォーク・グループHemは
1999年にソングライターでありプロデューサーでもあるDan Messeが
Jon Spencer、Fountains Of Wayne、James Ihaらと仕事をしたこともある
エンジニア兼プロデューサーのGary Maurerと組んで立ち上げたグループ。

2人は友人だったSteve Curtis(guitar, mandolin)を召集し、シンガー募集
の広告をフリーペーパー「The Village Voice」に掲載。
送りつけられた多くのデモテープからこれといったシンガーが見つからず
にいた時にSally EllysonがMesseに声をかけたことからシンガーに。

作品の内容はというとアコースティックギターを中心にしたトラディッショナル
なフォークが基本線だが、ピアノ、ストリングス、ペダル・スチール、
マンドリン、ドブロといった楽器が効果的に使われておりクラシカルな香も漂う。

Sally Ellysonの低い声は気だるいカンジがCowboy JunkiesのMargo Timmins
に似ており癒される。

全13曲中12曲をDan Messeが単独ないし共作で書いているが
とにかくメロが感傷的で美しい。
秋口に聴いたらピッタリしそうだが春に聴くのも悪くないかと。(笑)

James IhaのLet It Come DownやCowboy Junkiesが好きな方には
特にオススメします。

 

シングル曲もあるのですが、アルバム全体で味わって欲しい気がします。ぶろっこり もそうでしたが、アルバムを聴き終わるともう一度聞き直したい気になります。中毒性というに程にははげしくはないのですが、ずっと流していたいアルバムです。そういうわけで、ファースト・アルバムとぶろっこりお気に入りのアルバムを紹介します。

歌詞については、シンプルで訳せはするのですが、意味を捉えるのがちょっとむずかしかったので、あえて訳なしで。

ごめんなさい。

アルバム: Rabbit Songs: 2002年 より タイトル・ソング

Idle (The Rabbit Song)

Broken moon in the sky
Enough to pull up our eyes
From the ground where we hide
From the ground where we hide
Gonna waste some time with you
And let this world go
Keep my heart idle
Gonna waste my time with you
And let this love go
A broken heart, idle
Restless stars through the trees
Enough to fall to our knees
Make no sound so no one sees
Make no sound so no one sees
Gonna waste some time with you
And let this world go
Keep my heart idle
Gonna waste my time with you
And let this love go
A restless heart, idle

提供元: Musixmatch
ソングライター: Daniel R. Messe
Idle (The Rabbit Song) 歌詞 © Universal Music Publishing Ltd.

 

アルバム: Departure and Farewell : 2013年 より こちらも タイトル・ソング。

Departure and Farewell

The summer folds the afternoon,
And pins a shadow to the lawn,
And sweeps across the empty room
Where I am gone.
The sunlight films my waving hands.
The final scene has just begun,
And pulling back the world expands,
And I am gone.
Hey, I am gone.
Along the way I’ll say to you,
“So long, my love, so long…”
Another light now fills the sky.
The window searches for the sun.
Another chance to say goodbye,
But I am gone.
Hey, I am gone.
I’ll find a way to say to you,
“So long, my love. so long, my love.”
So long…

I’m pulling back.
The world expands.
And I am gone.

提供元: Musixmatch
ソングライター: Messe Daniel R
Departure and Farewell 歌詞 © Wb Music Corp., Antler Cane Music

同アルバムより、ライブで。The Seed と Departure and Farewell。

いかがですか。ゆったりとくつろいで、音楽に身を任せて聴いてみて下さいね。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。良いお年を。#153

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。