• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

環境活動家グレタ・トゥンベリ Greta Thunberg さんたちの活動を紹介しています。😃💕🌟💕🌟

SNSに、彼女のメッセージがアップされていました。それが、こちら。

 

“We understand that the world is very complex and that change doesn’t happen overnight. But you’ve now had more than three decades of blah blah blah. How many more do you need?”
「私たちは世界は非常に複雑で, その変化は一晩で起こらないことを理解しています. しかし, あなたはもう30年以上うんたらかんたら言ってぐずぐずと過ごしている. あと何年必要なのですか?」とコメント。

My name is Greta Thunberg and I’m not here to make a deals. you see, I don’t belong to any financial interest or political party so I can’t bargain or negotiate.  I’m only here to once again remind you of the emergency we are in. the crisis that you and your predecessors have created and inflicted upon us. the crisis that you continue to ignore. I’m here to remind you of the promises that you have made to your children and grandchildren and to tell you that we are not willing to compromise on the very minimum safety levels that still remain. The climate and ecological crisis can unfortunately no longer be solved within today’s systems. According to the current best available science that’s no longer an opinion that’s a fact. And we need to keep this in mind as countries businesses and investors now Rush forward to present their so-called ambitious climate  targets and commitments. The longer we avoid this uncomfortable truth and the longer we pretend that we can solve the climate and ecological emergency without treating it like an emergency the more precious time we will lose. And this is time we do not have. Today, we hear nations and leaders all over the world speak of an existential climate emergency. And yet instead of taking the immediate action you would in any emergency they set up vague, hypothetical distant targets way into the future.Targets based on loopholes and incomplete numbers. Targets like net zero emissions 2015. Targets that equal surrender. It’s like waking up in the middle of the night seeing your house on fire and then deciding to wait 10, 20 or 30 years before you call the fire department while labeling those trying to wake people up alarmists. We understand that the world is complex and the change doesn’t happen overnight. But you’ve now had more than three decades of blah, blah, blah. How many more do you need? Because when it comes to facing the climate the emergency the world is still in a state of complete denial. The justice for the most affected people in the most affected areas is being systematically denied. Even though we welcome every single climate initiative the targets and commitments being presented and discussed today are very far from being enough. And the time for small steps in the right direction is long gone. If we are to have at least a small chance of avoiding the worst consequences of the climate and ecological emergency this has to change. Because you still say one thing and then do the complete opposite. You speak of saving nature while locking in policies of further destruction for decades to come. You promised to not let future generations down while creating new loopholes basing your pledges on the cheating tactics that got us into the mess in the first place. If the commitment of lowering all our emissions by 70%,68% or even 55% by 2030 actually meant the aim to reduce the emissions on that level, that would be a great start. But unfortunately not the case. And since the general level of public awareness continues to be so low our leaders can still get away with almost anything. No one is held accountable. It’s like a game. Whoever is best at packaging and selling their message wins. As it is now, we can have as many meetings and summits as we want but unless we treat the climate and ecological emergency like an emergency no sufficient changes will be achieved. What we need to begin with is to implement annual binding carbon budgets based on the current best available science. And right now, more than ever we are desperate for hope. But what is hope? For me, hope is not more empty assurances that everything will be all right that things are being taken care of and that we don’t need to worry. For me, hope is the feeling that keeps you going, even though all odds may be against you. For me, hope comes from action not just words. And for me, hope is telling it like it is no matter how difficult or uncomfortable that may be. And again, I’m not telling you what to do. After all, safeguarding future living conditions and preserving life on Earth as we know it is voluntary. The choice is yours to make. But I can assure you this. You can not negotiate with physics. And your children and grandchildren will hold you accountable for the choices that you make. How’s that for a deal?
グレタ・トゥーンベリです。私は取引をするためにここにきたのではありません。私は金融業や政党に属していないので、取引も交渉もできませんから。私がここに来たのは、我々が直面している緊急事態を 再度、皆さんに思い出してもらうためです。 皆さんやその前任者が作り出し、私たちに与えた危機です。私は、あなたが子供たちや孫たちと交わした約束を思い出してもらうために来たのです。私たちは今のままの最低限の安全レベルでは、妥協できないことを伝えたいのです。気候と生態系の危機は、残念ながら現在のシステムではもはや解決できません。現在得られる科学によれば、それはもはや意見ではなく事実です。今、各国の企業や投資家が、いわゆる野心的な気候目標や約束を発表しようとしていますが、私たちはこのことを心に留めておく必要があります。この不快な真実から目をそらし、気候や生態系の緊急事態を緊急に扱わずに解決できるかのように装えば装うほど、貴重な時間を失うことになります。私たちにはもう残された時間はないのです。今日、私たちは世界中の国々や指導者が気候の緊急事態について語っているのを耳にしています。この緊急時にすぐに行動を起こすのではなく、漠然とした仮定の遠い目標を設定しています。抜け穴と不完全な数字に基づく目標。降伏に等しい目標。2050年に排出量を純ゼロとするような目標。それは、夜中に起きてあなたの家が燃えているのを見つけたのに、人騒がせだと言われないように、10年、20年、30年もたってから消防署に電話するようなものです。私たちは、世界が複雑であり、変化は一夜にして起こらないことを理解しています。けれど、あなたたちはもう30年以上うんたらかんたら言ってぐずぐずと過ごしています。あと何年必要なのですか? 気候変動の緊急事態に直面しているのに、世界はまだそれを認めようとしていません。最も影響を受ける地域の最も影響を受ける人々のための正義は、体系的に否定されています。私たちはすべての気候対策を歓迎しますが、現在示されたり議論されている目標や約束はとても十分とは言えません。そして、正しい方向への小さな一歩を踏み出す時はもうとっくに過ぎています。気候と生態系の緊急事態が最悪の結果になるのを回避できるチャンスがわずかでもあるのなら、変わらなければなりません。あなたは言うことと、全く逆のことをやっているからです。あなたは自然を救うと言いながら、今後数十年も、さらなる破壊の政策を続けるのです。未来の世代を失望させないと約束しながら、新しい抜け穴を作り、最初から私たちを混乱に陥れた不正な戦術で公約を立てているのです。 もし、2030年までに全ての排出量を70%、68%、あるいは55%削減するという公約が、実際にそのレベルの排出量を削減することを意味するのであれば、それは素晴らしいスタートとなるでしょう。しかし、残念ながらそうではありません。一般の人々の認識が非常に低いままなので、各国の指導者はまだほとんど何でも言い逃れることができます。誰も責任を問われません。それはゲームのようなものです。メッセージをパッケージングして売るのが得意な者が勝ちます。 現在のように、会議やサミットはいくらでも開催できますが、気候や生態系の緊急事態をほんとうに緊急に扱わない限り、十分な変化は達成されません。私たちがまず始めなければならないのは、最善の科学に基づいた拘束力のある炭素予算を毎年実行することです。そして今、私たちはこれまで以上に希望を求めています。しかし、希望とは何でしょうか?私にとって希望とは、なんとかなるという空虚な保証ではなく、物事がしっかり処理されて心配する必要はないということです。私にとって、希望とは言葉だけではない実行です。私にとって希望とは、どんなに難しいことや不快なことであっても、それをありのままに伝えることです。繰り返しになりますが、私はあなたに何をせよと指示しているわけではありません。結局のところ、未来の生活環境を守り、地球上の生命を守ることは、ご存じのように自分でやるしかありません。選択はあなた次第です。しかし、保証しますが物理学と取引することはできないのです。そして、あなたの子供と孫たちは、あなたの選択に対して責任を負うことになるでしょう。いかがでしょうか?

 

トゥンベリさんはソーシャルメディアに投稿した動画で、世界の気温上昇を2度に抑えるとの目標を掲げたパリ協定が2015年に採択されて以来、「多くのことが起こったが、必要な行動はいまだに、どこにも見当たらない」と指摘。「私たちはまだ間違った方向に高速で向かっている」とし、世界の政策決定者らが「空虚な言葉や巧妙な会計操作で新たな抜け穴を作り出して」時間を浪費していると批判した。

パリ協定では各国政府に対し、世界の気温上昇幅を産業革命以前と比べて最高2度、可能であれば1.5度に抑えるよう求めている。

だが国連環境計画(UNEP)が発表した年次報告書では、今年は新型コロナウイルスの流行により温室効果ガス排出量が7%減少したものの、世界の平均気温は2100年までに3度上昇する見通しとされた。報告書は、化石燃料への依存からの脱却を大規模かつ迅速に進められなければ、今年の排出量削減が温暖化にもたらす影響はほぼないとしている。

 

グレタ・トウーンベリさんのスピーチや活動(動画)は、こちらの記事にまとめています。もっともっと、活動が広がってほしいと思います。😃💕🌟💕🌟みなさん、ぜひぜひ、シェアやお友だちにもお伝えください😃💕🌟💕🌟 
この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。