• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

公立学校の教師を辞めて、自分の英会話スクールで教えるようになってから、

本当にストレスがなくなりました。

 

日本の学校は、教科を教えるだけではなく、生徒指導、生活指導、その他の文書雑務と、

保護者の代わり、

警察の代わり、

図書館司書の代わり、

事務室の代わり、

と、とにかく激務でした。

 

職員関係も、狭い職員室に、密に座っているので、けんかがあったり、ひがみがあったり、いじめやパワハラもあったりと、本当に大変です。

あ、なんと生徒からいじめられて、退職したり、鬱になったりした先生方もいました💦

 

それに比べると、本当に、毎日自由な時間は多いし、

英語を勉強したいという、こどもたちが来てくれるので、

気持ちよく授業ができます。

 

ところが、

ところが、

 

やはり、教師として甘えていると、

教育の神様から、

成長するために、試練のプレゼントが贈られてきます(笑)

 

ある曜日になると、とても憂鬱になるのです。

その小学生クラスの数人の生徒たちが、いつも私が傷つくようなことを言うのです。

 

そこで、私は、ユング心理学、河合隼雄さんから学んだことの原点に帰ることにしました。

 

河合隼雄先生は、いつも言っていらっしゃいました。

「問題児とは、大人に問題を出してくれる子どもたち」だと。

 

彼らは、私にどんな問題を出してくれているのだろう。

 

彼らから言われて嫌な気持ちになるのは、

小学生なのに、進学塾に通っていて、その塾の宿題はきちんとしていて、私の前では、わがままいっぱいなのに、塾は厳しいから、きちんとしてるんだと言うのです。

これが、この子たちのクラスの毎時間のことなので、うんざりしてしまいます。

そして、「きちんとしなさい!」と怒ると、

「そんな風に怒ったら、私たちやめてやるー! そうすると、先生は経営がこまるでしょ!」

 

小学生だから、みんな純真無垢で、天使のようだというのは、錯覚です(笑)

 

そして、じっくり考えました。

進学塾と、私のスクールはどう違うのだろうかと。

 

教育の神様からの、とても、とても、いい質問でした。

 

進学塾というのは、その名前の通りに、「受験に合格するため」の塾です。

 

私の英会話スクールは、

 

英語を通して世界を見る、

英語を通して、自分の可能性を見つけ伸ばしていく、

 

それがひいては、英語の力が伸びて、受験でも良い成績を取れることはあっても、

受験自体が目的ではない。

 

こどもたちに、未来を生きる力をつけることだ❗️

 

その答えが出たときに、

私はとっても落ち着きました。

 

相変わらず、わがまま放題の時には、

「英語を勉強したくないんだったら、いつでもやめていいよ。」

「そして、勉強したくなったら全力でサポートするからね。」と。

明るく言えるようになりました。

 

そうすると、こどもたちの反応は、とても礼儀正しくなって、

「あー、本当は、私のこと大好きでいてくれているんだなあ。英語を勉強したいんだなあ。」と、しっかり伝わってきました。

 

 

この答えをしっかり見つけることができて、また、こどもたちを教えることが楽しくなりました😃💕🌟💕🌟

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。