• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

英語のDubがないのが、とても残念な機動捜査隊の痛快アクションTVドラマ。

何度でも見たいです。英語だと、どれだけリスニングの練習になるかと、残念。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

 

星野源が、シリアスな刑事・志摩の役を演じています。

志摩が抱える影が何かを、今回の第6話で、正面から取り組んでいます。

 

#第6話#リフレインは、私にとっての神回でした❗️

本当に、本当に、本当に、感動しました。

 

 

第3話で、脚本家、野木亜紀子さんは、

ルーブ・ゴールドバーグ・マシンのヒントを得てこの脚本を書いたと紹介しました。

 

「人はいつも何かのスイッチで進む道を間違える。誰かと出会うか、出逢わないか。この人の行先を変えるスイッチは何か。」

 

(過去の)「相棒殺し」と呼ばれる刑事志摩のことを、相棒の伊吹は、真相を調べようとします。

 

伊吹に対して、上司の桔梗は叱責します。

「面白半分に調べることじゃない。機密です。」

 

伊吹は、

「面白半分じゃないっすよ。志摩の相棒だから調べてます。」

 

上司の桔梗は、さらに伊吹に返します。

相棒なんて、一時的なものでしょ。1年、あるいは3年経てば、異動もある。 仲良くなる必要も、余計なことを調べる必要もない。」

 

私も、それはそうかもしれない、余計なことを調べる必要はないよねと思いましたが、

 

次の伊吹の答えが、刺さりました❗️

力強い声での答えでした❗️

綾野剛の神演技❗️

 

 

「俺が(この部署)に来たのが、

スイッチだとして、

志摩と組むことになって、

二人で犯人 追いかけて、

 

その

一個、

一個、

一個、

全部がスイッチで、

 

 

なんだか、人生じゃん。

 

 

一個一個、大事にしたいの。

あきらめたくないの。

志摩と全力で走るのに、必要なんっすよ。

 

 

 

私は、教師をしていて、1年だけしか教えない生徒もいます。

あと、1ヶ月で転校する、という生徒もいます。

たとえ、一緒にいられる時間が、短くても、

 

その短い時間を一緒にいるために、

全力を尽くす❗️

 

しかも、この第6話のラストには、

過去に相棒を失い、後悔し続けた、志麻に対して

現在の相棒の伊吹は、

信じられないような、素晴らしいプレゼントをするのです。

 

読者や視聴者の、

想像を超えるようなハッピーエンド

を考えられるライターこそ、心から尊敬します。

そんな、物語でした(*’▽’*)♪

 

皆さんは、どのエピソードがお気に入りですか?

是非是非、感想をお聞かせください。

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。