• 北欧に学ぶ持続可能な世界・人生100年時代を生きるスキル・英語学習コーチング

私の英会話スクールは、2才から75才の方まで、通ってきてくださいますが、

特に、小学生クラスには、毎学期、缶バッチのごほうびをあげています。

 

レッスンの時には、

Cat dollar (キャット ドル)をあげます。

 

大きな声で英語で発表できたとき、

英語の劇をがんばったとき、

集中できたとき、

などなど、とにかく、感動したときは、出し惜しみなく、どんどん上げます。

 

10枚たまったら、

ピンクの10キャットドルにレベルアップ、

 

 

さらに、ピンクの10キャットドルが10枚で、

フルカラー印刷の、豪華な(笑)100キャットドルにレベルアップ❗️

 

 

一番多い子で、

1学期に、200ドルくらいゲットしてくれます😃💕🌟💕🌟

 

学期ごとに全てのドルを回収します。

100ドルには、大きな缶バッチ、

その他のドルは一括して、小さな缶バッチ、

 

学期ごとにドルを回収するのは、

そのたび、リセットして、ゼロから全員スタートできるからです。

あまりにも、差がつくと、ドルが少ない子のモチベーションが落ちてしまいます。

 

やり直しができるチャンスがあるっていいですよね😃

 

このドルは、

大人でも何かを習慣化するときに、スケジュール帳に、トラッキングをしたり、スマホのアプリで、チェックを入れたりしますよね。

それと、同じで、がんばったことの「見える化」です😃💕🌟💕🌟

私は、「Study Plus」 というアプリを使って英語の勉強を記録して、

「みんちゃれ」というアプリで、毎日、グループで励まし合っています。

 

このキャットドルのために、こどもたちはどれだけでも、がんばってくれますよ😃💕🌟💕🌟

 

私が、印刷しただけのものですが(笑)

 

今日の小学校1,2年生のレッスンで、

” This time you can get the can badge, from The United Nations.

(今度の缶バッチはね、国連からもらうんだよ。)

I called the office of The United Nation, and they said that yes, they will send us  SDGs Badges.”

(国連の事務所に電話したらね、国連SDGSバッジを送ってくれるって)

 

「わあああ、すごいやん!」

と、みんな喜んでました(笑)

でも、中には、「こくれんって何?」と聞く子も。

 

そこで、国連SDGSについて、小学生に話すいいチャンスになりました。

 

国連のサイトをご覧ください。

国連SDGSのスティッカーなどのテンプレートが、自由にダウンロードできるようになっています。

私も、それを組み合わせて、作りました。

これを缶バッチ製作所に、注文します。

皆さんも、どうぞご自由にご使用ください。

 

 

国連サイトから

 

二つを組み合わせて、デザインしてみました。

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。