• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

私の英会話スクールの教室には、たくさんの英語の本を置いています。

でも、その中に、私の大好きな「彼方のアストラ」の漫画の本を置いていました。全6刊。

大好きな漫画で、優しさや勇気、希望を学べるので、こどもたちにも読んでもらいたいと思いました。

 

Kちゃんは、小学校4年生、学校が終わったらすぐに来るので、授業まで30分、時には、1時間も待つことがあります。

その間、たっぷりと「彼方のアストラ」を読んでくれました。

もちろん日本語版の方をです😊

Kちゃんは、読書が大好きで、繰り返し、繰り返し、読んでくれたのです。

 

 

1年ほど経って、本が多くなってきたので、

英語版の「彼方のアストラ(Astra lost in Space)」は、おいておきましたが、

日本語版は、取り除きました。

 

ところが、

Kちゃんは、この英語版を、読んでるのです。

 

そして、

「先生、セリフ全部覚えちゃったんで、英語でもわかるよ。」と楽しんでるのです。

 

英語学習のすごいヒントがありました。

 

まず、日本語で内容を理解する。

それを英語で読むことで、英語力がつく。

 

大切なのは、興味がわくもの、読まずにはいられないもの。

 

授業の中で、「宇宙」に関する英語での学習がありました。

その中で、未知の世界へという言葉はどういうのかを教えていたとき、

Kちゃんは、「わかるよ。Unknown!」だね。

と言うのです。

 

素晴らしい😃💕🌟💕🌟

 

彼方のアストラの最後は、

宇宙の彼方を指さして、新たな旅立ちをするのですが、

指さしながら、

” The Unknown ! “

と言う言葉で終わるのです。

 

英語の勉強の原点を、Kちゃんに教えてもらった授業でした😃💕🌟💕🌟

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。