• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

アニマルズ The Animals のギタリストのヒルトン・バレンタインさんの訃報が伝えられました。死因は明らかになっていませんが、所属のレコード会社が1月29日に発表しました。77歳だったそうです。忘れられない「朝日のあたる家」のギターリフ、ということで、今回は、アニマルズ の「朝日のあたる家 The House of the Rising Sun 」をピックアップします。

1963年に結成されたアニマルズは、伝統的なフォークソングだったこの曲を、バレンタインの印象的なエレキ・ギターによるアルペジオのリフ、アラン・プライスのキーボード・アレンジ、エリック・バードンのエモーショナルなヴォーカルによって、ブルース調のフォーク・ロックに生まれ変わらせました。イギリスやアメリカ・カナダ、もちろん日本でも大ヒットしています。

もともとは、ニューオリンズのセントルイス通りに実在した売春宿に働いていたマダム・ルソレイユ・ルヴァン(英語でRising Sun)の身の上話というのが定説。『恋人がギャンブラーだったために町から町を転々とし罪を犯して、最後は朝日楼という娼館にまで堕ちてしまった。』という話ですが、アニマルズは、アレンジだけでなく歌詞も男性の話しに変えているため、ストーリーが少しぼやけて、The House of the Rising Sun も少年院や刑務所という設定となっています。

The Animals The House of the Rising Sun 1964

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun,
And it’s been the ruin of many a poor boy.
And God, I know I’m one.
My mother was a tailor.
She sewed my new blue jeans.
My father was a gamblin’ man
Down in New Orleans.
Now the only thing a gambler needs
Is a suitcase and a trunk.
And the only time that he’s satisfied
Is when he’s on a drunk.
Oh mother tell your children
Not to do what I have done,
To spend your life in sin and misery
In the House of the Rising Sun.
With one foot on the platform
And the other foot on the train,
I’m going back to New Orleans
To wear that ball and chain.
There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun,
And it’s been the ruin of many young poor boys.
And god, I know I’m one.

提供元: Musixmatch
ソングライター: Alan Price

和訳付きの動画です。

こちらが、伝統的なフォークソングス・タイルのウディ・ガスリー Woody Guthrie の歌唱 1941年。

しっとりくるジョーン・バエズ Joan Baez のヴァージョン。1960年。

 

Joan Baez House of the rising sun 1960

There is a house in New Orleans, they call the rising sun
And it’s been the ruin of many a poor girl
And me, oh, God, I’m one

If I had listened to what my mother said
I’d have been at home today
But I was young and foolish, oh, God
Let a rambler lead me astray

Go tell my baby sisters
Don’t do what I have done
But to shun that house in New Orleans, they call the rising sun

And going back to New Orleans
My race is almost run
I’m going back to spend my life
Beneath the rising sun

 

 

こちらが、ボブ・ディランのヴァージョン。デビュー・アルバム『ボブ・ディラン』(1962年)に収録され、現代的な迫力ある歌唱になっています。

 

Bob Dylan House of the rising sun 1962

There is a house in New Orleans they call the Rising Sun

And it’s been the ruin of many a poor girl and me, oh God, I’m one

My mother was a tailor, she sewed these new blue jeans
My sweetheart was a gambler, Lord, down in New Orleans

Now the only thing a gambler needs is a suitcase and trunk
And the only time he’s satisfied is when he’s on a drunk

He fills his glasses up to the brim and he’ll pass the cards around
And the only pleasure he gets out of life is rambling from town to town

Oh, tell my baby sister not to do what I have done
But shun that house in New Orleans they call the rising sun

Well with one foot on the platform and the other foot on the train
I’m going back to New Orleans to wear that ball and chain

I’m going back to New Orleans, my race is almost run
I’m going back to end my life down in the rising sun

There is a house in New Orleans they call the Rising Sun
And it’s been the ruin of many a poor girl and me, oh God, I’m one

各地で歌われていたフォークソングということで歌詞も様々だったようです。どれが正解ということは無いと思いますが、個人的にはディランの歌詞がいいかな。日本語の歌詞で、浅川マキやちあきなおみの歌唱もあります。独特の世界を味わうことができます。良かったら聴いてみて下さい。

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#169

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。