• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

昨日は、世界女性デーだったので、

女性が主人公のアニメの一つ、「もののけ姫」を英語吹き替えで見てみました。

 

 

 

そして、気づいたのは、

 

 

主人公は、

 

もののけ姫ではなく、

 

 

 

「アシタカ」だった❗️

 

 

 

しかも、英語版では、

 

Prince Ashitaka,

と呼ばれていました❗️

 

王子様❣️だったんですね〜🌟😊💕💕💕

 

Prince Ashitaka、

として、改めてこの超大作アニメを見てみると、

アシタカの人格が、すごい❗️

 

他を寄せ付けない、圧倒的な精神力がありますね。

体格もしっかりしていて、

まじで、かっこいいです❗️

 

 

 

 

しかも、

宮崎駿さんの、ナウシカからの永遠のテーマ、

(科学技術や工業の)火が、自然を滅ぼす、

これに、アシタカが、答えを出すというドラマです。

 

人間の科学の進化と、自然が共存するという、

究極の答えを、全身全霊で提示するのです。

 

本当に、私たちのこれからの時代の課題でもありますね。

 

英語の台詞で印象に残ったのは、

もののけ姫(サン)を育てた母オオカミが、

サンにアシタカのことを話します。

The boy wants to share his life with you

 

アシタカは、言われます。

.…. save the girl you love….

 

はっきり、サンと、アシタカが、愛し合っていることが、表現されていたことです。

日本語オリジナルでは、「愛している」という言葉はなく、ほのかに伝わってきます。

 

やはり、日本とアメリカの文化の違いが出ていました😄‼️

 

とにかく、久しぶりに見て、感動しました🌟😊💕💕💕

 

皆さんも、もう一度ご覧になって、

「プリンス アシタカ」の視点で、どのように思われるか感想を教えてください🌟😊💕💕💕.

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。