• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

前々回の「嘆きのインディアン」で思い出しました。唐突ですが、あなたは「ソルジャー・ブルー Soldier Blue」という映画をご覧になったことがありますか?1970年公開の映画ですが、同年に公開されたダスティン・ホフマン主演の「小さな巨人 Little Big Man」とともに、それまでの西部劇からの転換点となった作品だといわれています。今回は、この映画の主題歌であるバフィー・セント・メリー Buffy Sainte-Marie の「ソルジャー・ブルー Soldier Blue 」をピックアップ。

確かぶろっこりが、友人と見に行った映画だったと思います。友人のお目当ては、キャンディス・バーゲンだったみたいですけど。わたしは予備知識がほとんど無く連れて行かれました。西部劇かあ。あんまり興味ないなぁ って感じです。けれども、それまで見たことがある西部劇とは、全く違っていました。監督は、「野のユリ」で知られるラルフ・ネルソン。(そういえば、後でTV出見たと思いますが、「野のユリ Lilies of the Field」もじんわりとしたいい映画でした。いつか取り上げたいですね。)「サンドクリークの大虐殺」といわれる米国史の暗部を描いて、当時のベトナム戦争を批判しているといわれています。

 

【ストーリー】 Amazon
1864年、アメリカ中西部のコロラド州サンドクリーク。シャイアン族との生活に別れを告げた白人女性クレスタ(C・バーゲン)は、婚約者の待つ砦へ向かう。ところが、彼女を護送する騎兵隊の小隊がシャイアンの奇襲を受け全滅。クレスタと、インディアンへの復讐に燃える若い兵士ホーナス(P・ストラウス)だけが生き残った。いがみ合いながらも旅を続ける若い二人。しかし、いつしかホーナスはクレスタを愛し始めていた。そして二人は、シャイアンの集落を攻撃すべく準備中の騎兵隊陣地へ辿り着く。アメリカ史上最大の汚点といわれた「サンドクリークの大虐殺」をテーマに、それまでの騎兵隊とインディアンの概念を根底から覆したアメリカン・ニュー・シネマの問題作。ロードムービー風から一転し、ラスト15分で描かれる、騎兵隊によるシャイアン族への無差別殺戮は、バフィー・セント=マリーの主題歌と共に強烈な印象を残す。

昔の西部劇などでは、騎兵隊=「善」がインディアン=「悪」をやっつけるという図式でしたが、実際にはヨーロッパからきた白人たちがそこに元から暮らしていたネイティブ・アメリカン(原住民)の土地を侵略・略奪していたことになります。昔の西部劇で描かれていたインディアンたちの残虐な行為も、実際にはこの侵略から家族や自分を守る防衛だったのです。そういう視点から初めてつくられた映画がこの「ソルジャー・ブルー」でした。本当に、ラストのシーンはトラウマになるくらいまぶたに焼き付いています。そのころの中学生にとってはショッキングすぎました。正直、今でも見返したくはありませんね。

オープニングで、この歌が流れます。

そして、ラストの問題のシーンで、もう一度流れます。あまりに悲しすぎるので、ライブ・ヴァージョンを。

Soldier Blue Buffy Sainte-Marie 1970
I’ll tell you a story and it’s a true one
And I’ll tell it like you understand
And I ain’t gonna talk like some history maid
I look out and I see a land
Young and lovely
Hard and strong
For fifty thousand years we’ve danced her praises
Prayed our thanks and we’ve just begun
Yes, yes
Yes this is my country
Young and growing
Free and flowing
Sea to sea
Yes, this is my country
Ripe and bearing miracles
In every pond and tree
Her spirit walks the high country
She’s giving free wild samples
And setting an example how to give
Yes this is my country
Retching and turning
She’s like a baby learning how to live
I can stand upon a hill at dawn
Look all around me
Feel her surround me
Soldier blue
Can’t you see her life has just begun
Beating inside us
Telling us she’s here to guide us
Ooh, soldier blue, soldier blue
Can’t you see that there’s another way to love her
This is my country
I sprang from her
And I’m learning how to count upon her
Tall trees and the corn is high country
Yes I love her
And I’m learning how to take care of her
Whenever the news stories get me down
I take a drink of freedom to think of
North America from toe to crown
It’s never long before
I know just why I belong here
Soldier blue, soldier blue
Can’t you see that there’s another way to love her?
提供元: LyricFind
ソングライター: Buffy Sainte-Marie
Soldier Blue 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC, Kobalt Music Publishing Ltd.

バフィー・セント・メリー Buffy Sainte-Marie(1941~)は、北米先住民ミックマック族の家系で、カナダ生まれのアメリカ育ち。シンガーソングライター・社会運動家。彼女の初ヒット曲が、この「ソルジャー・ブルー Soldier Blue」で、英国では7位になりましたが、米国では発売禁止となりました。

次のヒット曲は、映画「いちご白書 The Strawberry Statement」の主題歌「サークル・ゲームThe Circle Game」。この曲は、以前取り上げましたね。ジョニ・ミッチェルの楽曲のカヴァーですが、断然バフィー・セント・メリーが好きですね。

この映画には他にも、「平和を我等に GivePeace A Chance」プラスティック・オノ・バンド、「組曲: 青い眼のジュディ Suite: Judy Blue Eyes」CS&N、「ヘルプレス Helpless」CSN&Y、「僕達の家 Our House」「ダウン・バイ・ザ・リバー Down by the river」ニール・ヤングなど名曲が使われていました。

また、あまり知られていませんが、あの映画「愛と青春の旅だち An Officer And A Gentleman」(1982年)の主題歌でジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズ の歌う「愛と青春の旅だち Up Where We Belong」は、ジャック・ニッチェとバフィー・セント・メリーの共作です。

ドノヴァンが取り上げたことでも知られる、反戦歌「UNIVERSAL SOLDIER」も代表曲のひとつ。

The Universal Soldier DONOVAN 1965

He is five feet two, and he’s six feet four
He fights with missiles and with spears
He is all of thirty-one, and he’s only seventeen
He’s been a soldier for a thousand years
He’s a Catholic, a Hindu, an atheist, a Jain
A Buddhist and a Babtist and a Jew
And he knows, he shouldn’t kill
And he knows he always will
Killing you for me my friend, and me for you
And he’s fighting for Canada, he’s fighting for France
He’s fighting for the U.S.A.
And he’s fighting for the Russians
And he’s fighting for Japan
And he thinks we put an end to war this way
And he’s fighting for democracy
He’s fighting for the Reds
He says it’s for the peace of all
He’s the one who must decide
Who’s to live and who’s to die
And he never sees the writing on the wall.
But without him, how would Hilter have condemned them at La Val?
Without him Caesar would have stood alone
He’s the one who gives his body as a weapon of the war
And without him all this killing can’t go on
He’s the universal soldier and he really is to blame
His orders come from far away, no more
They come from here and there, and you and me
And brothers, can’t you see?
This is not the way we put the end to war
提供元: Musixmatch
ソングライター: Buffy Sainte Marie
Universal Soldier 歌詞 © Caleb Music Co., Caleb Music Co

世界中の、歴史上の全ての「名も無き兵士たち」を歌った曲。兵士たちは何のために戦うのでしょう。戦争の責任は誰にあるのでしょう?それを命じるのは、結局私たちの内なる心の声ではないのかと問うています。

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#172

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。