• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回もネイティブ・アメリカン(インディアン)つながりというわけで、シェール Cher の「ハーフ・ブリード Half-Breed」をピックアップ。

「ハーフ・ブリード」は、ソニー&シェール Sonny&Cher としても知られるシェールがソロで出した1973年のNo.1ヒットです。こちらにも、歌詞の中にチェロキー族が出てきます。

シェールの本名はシェリリン・サーカシアン Cherilyn Sarkisian、カリフォルニア州生まれ、父親はアルメニア系、母親はチェロキー・インディアンの混血。16歳で学校を中退、ロサンゼルスで役者の勉強をするうち、歌手のソニー・ボノに見出されて18歳で彼と結婚。ソニー&シェールとして夫婦で活動「アイ・ガット・ユー・ベイブ I Got You Babe 」などのヒットを連発。ソロでも活動するようになり、この曲もヒットしました。テーマは、まさに自分自身の出自・ハーフ・ブリードです。Half-Breedは、混血児を軽蔑してよぶことばで、特に白人とネイテブ・アメリカンとの混血児をさして使われたようです。

 

Half Breed Cher 1973

My father married a pure Cherokee
My mother’s people were ashamed of me
The indians said that I was white by law
The White Man always called me “Indian Squaw”
Half-breed, that’s all I ever heard
Half-breed, how I learned to hate the word
Half-breed, she’s no good they warned
Both sides were against me since the day I was born
We never settled, went from town to town
When you’re not welcome you don’t hang around
The other children always laughed at me
“Give her a feather, she’s a Cherokee”
Half-breed, that’s all I ever heard
Half-breed, how I learned to hate the word
Half-breed, she’s no good they warned
Both sides were against me since the day I was born
We weren’t accepted and I felt ashamed
Nineteen I left them, tell me who’s to blame
My life since then has been from man to man
But I can’t run away from what I am
Half-breed, that’s all I ever heard
Half-breed, how I learned to hate the word
Half-breed, she’s no good they warned
Both sides were against me since the day I was born
Half-breed, that’s all I ever heard
Half-breed, how I learned to hate the word
Half-breed, she’s no good they warned
Both sides were against me since the day I was born
提供元: Musixmatch
ソングライター: Capps Al / Dean Mary
Half-Breed 歌詞 © Blue Monday Music

いつものぶろっこり訳です。

 

父はチェロキー族と結婚した
母の身内は私を恥じた
インディアンは おまえは白人だと言った
白人はいつも「インディアン女」と言った
あいのこ いつも言われた言葉
あいのこ この世を恨んでいた
あいのこ 世間が嫌う のけもの

産まれたその日から どちらからもつまはじき
落ち着くところもなく 街から街へ渡り歩いた
歓迎されないし 近よりもしない
ガキどもはいつだって 笑う
羽根をつけてみな チェロキー族 と
あいのこ いつも言われた言葉
あいのこ この世を恨んでいた
あいのこ 世間が嫌う のけもの

産まれた時から どっちにもなれない
認められずに 恥ずかしかった
19歳で家を出た それを誰が責められる
それからは 男から男に渡り歩く生活
けれど 自分の生まれからは逃げられない
あいのこ いつも言われた言葉
あいのこ この世を恨んでいた
あいのこ 世間が嫌う のけもの

産まれたその日から どちらからもつまはじき
あいのこ いつも言われた言葉
あいのこ この世を恨んでいた
あいのこ 世間が嫌う のけもの

産まれたその日から どちらからもつまはじき

 

ぶろっこり が、シェールを知ったのは、この曲。これも強烈にインプットされています。

悲しきジプシー Gypsys Tramps And Thieves 1971年。こちらが彼女のソロで初のNo.1ヒットになります。

Gypsies, Tramps And Thieves Sher 1971

My mama used to dance for the money they’d throw
Gypsies, Tramps And Thieves
Papa would do whatever he could
Preach a little gospel
Sell a couple bottles of Doctor Good

Gypsies, tramps, and thieves
We’d hear it from the people of the town
They’d call us gypsies, tramps, and thieves
But every night all the men would come around
And lay their money down

Picked up a boy just south of Mobile
Gave him a ride, filled him with a hot meal
I was 16, he was 21
Rode with us to Memphis
And papa woulda shot him if he knew what he’d done

Gypsies, tramps, and thieves
We’d hear it from the people of the town
They’d call us gypsies, tramps, and thieves
But every night all the men would come around
And lay their money down

I never had schoolin’ but he taught me well
With his smooth southern style
Three months later, I’m a gal in trouble
And I haven’t seen him for a while, uh-huh
I haven’t seen him for a while, uh-huh

She was born in the wagon of a travellin’ show
Her mama had to dance for the money they’d throw
Grandpa’d do whatever he could
Preach a little gospel
Sell a couple bottles of Doctor Good

Gypsies, tramps, and thieves
We’d hear it from the people of the town
They’d call us gypsies, tramps, and thieves
But every night all the men would come around
And lay their money down

Gypsies, tramps, and thieves
We’d hear it from the people of the town
They’d call us gypsies, tramps, and thieves
But every night all the men would come around
And lay their money down
Gypsys, tramps, and thieves

提供元: Musixmatch
ソングライター: Bob Stone
Gypsies, Tramps And Thieves 歌詞 © Universal Music – Careers

こんな歌詞で歌っていいのという感じがしますが。歌詞の内容もわからず、繰り返し聞いていたあの頃。学生時代。

 

あたしは旅芸人の馬車で産まれたの
ママは踊って投げ銭を稼いでた
パパはできることは何でもやっていた
伝道師のまねごとや
あやしげな飲み薬を売ったりしてた

ジプシー、浮浪者、盗っ人
街の奴らはそう言ってた
連中はこう呼んだ
ジプシー、浮浪者、盗っ人と
だけど 毎晩男たちはやって来て
みんな金を置いていくんだ

モービルの南で若い男を拾った
乗っけてやり 温かいものを腹いっぱい食わせた
あたしは16 あいつは21
メンフィスまで一緒についてきた
あいつがしたことがばれたら パパに撃ち殺されてたね

ジプシー、浮浪者、盗っ人
街の奴らはそう言ってた
連中はこう呼んだ
ジプシー、浮浪者、盗っ人と
だけど 毎晩男たちはやって来て
みんな金を置いていくんだ

学校なんて行かなかったけど あいつが教えてくれた
イカす南部のやりかたで
そして三月後には トラブルを抱えてた
それから あいつにずっと会ってない
あーあ
もうきっと 会うこともない
あーあ

娘も旅芸人の馬車で産まれ
そのママは踊って投げ銭を稼いでる
グランパはできることは何でもやっている
伝道師のまねごとや
あやしげな飲み薬を売ったりしてる

ジプシー、浮浪者、盗っ人
街の奴らはそう言う
連中はこう呼ぶ
ジプシー、浮浪者、盗っ人と
だけど 毎晩男たちはやって来て
みんな金を置いていく

ジプシー、浮浪者、盗っ人
街の奴らはそう言う
連中はこう呼ぶ
ジプシー、浮浪者、盗っ人と
だけど 毎晩男たちはやって来て
みんな金を置いていく

 

日本では、あまり有名ではないかもしれませんが、1960年代から2010年代の50年間の間、各年代にビルボードNo.1のヒット曲を持つ唯一の歌手だとか。そういう意味で「ポップスの女神 The Goddess of Pop」と呼ばれることも。日本でいえば中島みゆきが同じような記録を持っていますが、それを超えていますね。すごいことです。お年を召しても衰えない容姿と歌唱力ですが、当時のお姿はこちらの動画でもご覧いただけます。思わず合掌したくなりますね。

この他のヒット曲は、また別の機会に。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#176

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。