• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

樺沢紫苑先生の「アウトプット大全」大好きな本です。

その「アウトプット大全」を、若者にもわかりやすく解説すると言う目的で、「超(エッセンシャル)アウトプット」と言う本が出版されました。

しかし、しかし、これは若者向けだけの本ではありません。

大人が読んでも十分に価値のある、私たちの生き方をもっと良くできるという、アイデア満載の本です。

 

 

例えば、感想文を苦手な生徒だけではなく、

大人の方で、職場でプレゼンテーションをするのが苦手と言う方もいると思います。

 

 

どのような視点で感想文を書けばいいのか、

テンプレートまで準備されていて、

こんなにわかりやすく解説されてある本は他にはありません。

 

 

さらに、素晴らしいのが、

なぜ、アウトプットが大切なのか、

まさに根本の根本を教えてくれています。

 

 

私は、この本でアウトプットすることの大切さが何なのか、それが分かり、とても嬉しく思いました。

私は、ブログやYouTubeでアウトプットしていますが、

その意味がわかったのです。

 

 

ただ本を読むだけ、

ただ映画を見るだけ、

ただ新聞を読むだけ、

このようなインプットだけでは、

まず、

自分自身の記憶にも、残りにくいのです。

 

しかもインプットだけしていても、

相手に情報を伝えることもできなければ、

世界を変えることもできません。

 

 

アウトプットし、

行動することによって、

初めて世界を変えることができるのです。

 

 

また今回、私は「失敗を恐れない」と言うチャプターで、涙が出て止まりませんでした。

最近は、コロナのせいもあるのでしょうが、仕事がうまくいかなかったり、失敗がいくつか重なってとても落ち込んでいました。

でも、

樺沢先生は失敗は単なる実験だと言うのです。

 

 

失敗は単なるエラーであって、

成功に至るまでに必要なことなのです。

 

エジソンは成功した商品を作るために、2000回もの失敗を繰り返したと言っています。

失敗はチャレンジの証であり、

大切なのは、フィードバックし、成功するまで何度も繰り返すことなのです。

 

失敗したと言う事は行動したと言うことなので、

自分を褒めて良いことなのです。

 

これを読んで本当に涙が出ました🌸🍃🌸🍀🧚‍♀️

 

 

また、

大きな目標を立てるな、

ここも驚きでした。

たいていの先生たちは大きな目標を立てなさいね、大きな夢を抱くんだよ、と言うことを子供たちにも話すのではないでしょうか。

しかし大きな夢を達成するのはとても大変なことです。

大切なのは、

今よりほんの少しレベルアップ、

ちょいムズ、

そこに挑戦して小さな夢を、たくさん達成することによって、自分に自信をつけることです。

 

 

私はこの本を読んで、

小さな夢を少しずつ達成していこうと、

気持ちが楽になり、また明るい希望が見えてきました。

 

そして失敗と言うのは、ネガティブなものとして受け取らず、

フィードバックして改善点を見つけたら、

失敗したというネガティブ気分は、すっかり忘れて、

次の小さな夢に向かって進めば良いだけです。

 

 

今、70%位まで読み進んでいますけれども、

これはとても良い本です。

皆さんもぜひぜひ読んでみられて、感想を教えてくださいね。

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。