• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる

新作「るろうに剣心 最終章 The Final 」が始まるので、過去の3作を一気見しました。

そして、今回は、最初に見た時と違って、感動して泣いてしまいました。

なぜなら、私は、コミック版は、時々、読んでいたくらいで、

剣心の過去を知らなかったからです。

今回、新作が発表されるということで、

その過去の内容を、いろいろなサイトで読む機会が増えました。

 

そして、初めて知りました❗️

剣心が、結婚していたことを❗️

しかも、

その唯一愛した女性、雪代巴を、

 

自らの手で、斬殺してしまったことを。

 

 

この事実を知ってから、

過去の3作を見てみると、

全く違った、物語として見えたのです。

 

主演の佐藤健は、インタビューの中でも、

「ずっと、過去の3作を演じている時にも、自分の中に、雪代巴がいました。

今回、有村架純さんが演じる、雪代巴と出会った時には、

なつかしい、

という気持ちを感じました。

いつも、雪代巴は、自分の演技の中にいたので。」

という言葉にも驚きました。

 

俳優さんって、そこまで、深くその人物になりきるのですね。

 

初めて、「るろうに剣心」を映画で見た時、

佐藤健はじめ、俳優陣の、ほとんどスタントなしのアクションに驚きました。

アクションをこなすために、アスリートみたいになってるんですね。

 

しかし、その時は、

「佐藤健くん、なんとなく、生気がないよな、まだ若いから演技がイマイチなのかな」

なんて、思っていました。

 

しかし、生気がなかったのは、

愛する妻の雪代巴を斬殺してしまったという、

言葉にもできない、

つらい、悲しい、過去を背負っていたからなのだと、

理解できたのです。

 

じっと、何かを耐えるように佇むシーンでは、

その苦しみが伝わってくるのです。

 

そして、「殺さずの誓い、逆刃刀」の想いや、

どんな人も、命懸けで助けようとする想いに、

涙が出ました。

 

3作目で出会う師匠から教えられたことも、心に沁みました。

師匠(福山雅治)は、語ります。

 

「お前は、優しすぎるから奥義を会得できない。

命をかけて人を守ろうとするだけでは、だめだ。

 

愛する人を助けるために死んでも、お前が愛する人は、本当には幸せにはなれない。

 

お前の命は、お前だけのものではない。

 

生きたい、という気持ちこそ強くなれる奥義」と。

 

剣心は、そこで初めて、飛天御剣流の奥義を会得します。

 

「殺さずの誓い、

もう誰も殺さない。

それはつまり、

自分も死なない❗️

生きる❗️」

ということだと。

 

また、師匠は語ります。

「春には桜、

 

夏は星空、

 

秋は紅葉、

 

冬は雪。

これを楽しみながら生きていけばいい。

 

もし、それを楽しめないのなら、

お前の何かが病んでいるからだ。」と。

 

 

再視聴して、とても収穫がありました。

皆さんも、新作を見る前に、もう一度、ぜひ楽しんでください。

そして、感想をコメント欄に書いていただければ嬉しいです🌟😊💕💕💕

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。