• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

音楽大好きの ぶろっこり が、気ままに気になる気分のミュージックをお送りする 🎶今週の洋楽🎶 。

今回は、「シェリーに口づけ Tout Tout Pour Ma Chérie 」 ミッシェル・ポルナレフ Michel Polnareff をピックアップ。

と言っても、当時のことを知らない人にとっては、ミッシェル・ポルナレフ?といった感じだと思います。でもでも、Wiki にもこんなふうに書かれるくらいステキな曲を書いて、超絶人気のポップスターでした。

ポルナレフは「愛の休日」「悲しきマリー」「愛のコレクション」「愛の願い」「愛の伝説」「忘れじのグローリア」「悲しみのロマンス」「ノンノン人形」など多数のヒットを放ち、70年代前半の日本では「カーペンターズ、エルトン・ジョン、シカゴ、Tレックスらと並ぶか、彼らをしのぐ人気スターとなった。

「シェリーに口づけ Tout Tout Pour Ma Chérie 」は、日本で1971年にリリースされ大ヒットをしています。ヨーロッパでは、それほどでもないのですが、日本で人気の高い曲。ぶろっこり も、当時フランスのおしゃれっぽさが好きでよく聞いていました。

サングラスとカーリーヘアがトレードマークでした。

 

 

Tout Tout Pour Ma Chérie Michel Polnareff 1972

Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Toi, viens avec moi
Et pends toi à mon bras
Je me sens si seul
Sans ta voix, sans ton corps
Quand tu n’es pas là
Oh oui, viens!
Viens près de moi
Je ne connais rien de toi
Ni ton nom, ni l’âge que tu as
Et pourtant tu ne regretteras pas
Car je donne
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Je suis sur un piédestal de cristal
Et j’ai peur un jour de tomber
Sans avoir personne à mes côtés
Mais si tu viens
Viens avec moi
Je sais qu’il y aura
Quelqu’un qui marchera près de moi
Qui mettra fin à mon désarroi
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Toi, viens avec moi
J’ai trop besoin de toi
J’ai tant d’amour à te donner
Laisse-moi, laisse-moi te serrer contre moi
Oui, viens avec moi
Et ne me quitte pas
Je t’attends depuis tant d’années
Mon amour, tant d’années à pleurer
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie
Tout, tout pour ma chérie, ma chérie

提供元: LyricFind
ソングライター: Michel Polnareff
シェリーに口づけ 歌詞 © BMG Rights Management, BMG Rights Management (france)

 

マ・シェリーやモン・シェリは、シャンソンやフレンチ・ポップスでもよく出てきます。my darling 的な意味で、恋人や夫婦の間だけでなく、親や祖父母から子供、孫に対しても使われるそうです。Tout, Tout Pour Ma Cherie Ma Cherie を英語に訳すと All, all for my darling ということになるようです。
『シェリーに口づけ』という邦題を付けたのは、エピック・ソニーのディレクター高久光雄で、「冒頭の “Tout, Tout Pour Ma Cherie Ma Cherie” の “Tout, Tout” がキスの音に聞こえて『シェリーに口づけ』というタイトルにした」と話しています。

こんな動画もありました。結構海外のアーティスト来日するとTVに出演していたんですよ。

 

ついでと言っては何ですが、デビュー・アルバムのタイトル曲「愛の願い Love me, please love me 」も、ブロッコリの好きな曲。

美しい声とメロディー、フランス語の語感が情緒ありますよね。シャンソンしか知らなかったぶろっこりや当時の若者が気に入った理由もおわかりいただけると思います。もう一度、アルバムでたっぷり聞いてみたくなりました。みなさんも、いかがですか。

 

最後までご視聴いただきありがとうございました。

それでは、また。#188

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。