• 北欧に学ぶ持続可能な世界・国境を超えて地球人として生きる
この記事をSNSで シェア! いいね!

第4話では、数の暗黙知❗️

という初めて、聞く言葉が出てきました。

これも、本当に目から鱗が落ちるような勉強法でした😃💕🌟💕🌟

 

低学力から、東大を目指そうとする生徒たちは、

スマホの勉強アプリ、スタディサプリで、自分はどの教科がどのくらい分かっているのかの診断を行います。

アプリを使うというところも、現代的ですね(笑)

 

そして、わかったのは、全員が数学が最も苦手ということでした。

そこで、どこから分からなくなったのか、

どこから始めるかと聞かれます。

生徒たち、

「高校1年生かな」

「中学3年生とか?」

 

桜木先生

「違う❗️」

 

生徒

「えー、まさか中1?」

 

 

水野先生(長澤まさみ)

 

「小学校5年生よ❗️」

 

桜木先生

「お前らが戻るのは、

小学校2年生だ❗️」

 

 

これには、ドラマを見ている私も、

「えー〜〜〜〜❗️ まさかそこまで?

いくらなんでも、演出でしょう、大げさでしょう。」

と思いましたが、

 

生徒も、

「それは馬鹿にしすぎじゃない。」と反発しますが、

 

 

伝説の数学教師、柳先生の指導を見ていて、

計算などの技能系の勉強の本質に納得しました。

 

英語も、実は、身につける技能系です。

 

桜木先生

「お前らが数学が苦手なのは、計算力が徹底的に不足しているからだ。

 

そして、その分かれ目が、

小学校2年生だ❗️

 

小学校2年で算数が得意になれば、そのあと勉強ができる子になれる。」

 

生徒

「でも、どうすれば」

 

伝説の数学教師柳先生、

「私が考案した、簡単な計算問題を100問、満点以外は認めない。」

 

生徒

「あ、これなら簡単だ。」

 

伝説の数学教師柳先生

「では、時間は3分だ❗️」

生徒

「え❗️ 3分❗️」

スタート❗️

 

問題は小2レベル。だけど3分で100問はきつい。

ましてや全問正解なんて。

生徒

「98-14=84

62−29=33

1008−14=984 「あ、間違えた」

3×8=24。。。。。。

 

と解いていきますが、3分で「やめ❗️」

「全然間に合わなかった」

 

伝説の数学教師柳先生

「結果は、66点、67点など満点にはほど遠い。

しかし、君たちが特別に劣っているわけではない。

だが、意識してやならなければ、

数の暗黙知❗️は、身につかない。」

 

水野先生

「考えなくても感覚でやれる力❗️」

自転車に乗るとき、いちいち乗り方を考える?

計算もいちいち考えず、感覚で解けるまで持って行く。

それが数の暗黙知❗️

 

 

これは、目からウロコでした❗️

 

数の暗黙知❗️に達することができるなんて考えもしませんでした。

 

ところが、英語の勉強として考えると、

まさにその通りなのです。

 

英語が話せるというのは、

考えずに、無意識に、感覚的に言葉が出てくると言うことです。

 

音読100回というプログラムは、まさに英語の暗黙知❗️

まじで、納得でした。

 

また、洋書を大量に読むことも、

リスニングを一日中起きている間中、やっているのも、

英語の暗黙知❗️だ❗️

 

すごくすごく、参考になりました😃💕🌟💕🌟

 

これからも、毎日、音読もがんばります❗️

 

続く。。。。。。。。

 

ご覧いただきありがとうございます😃  ちょっとしたことでも励みになるので、「いいね」やシェアしてもらえると、とても嬉しいです😃💕🌟💕🌟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をSNSで シェア! いいね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。